2019年度 言語管理研究会「言語政策と言語管理」分科会開催のお知らせ

2019年度 言語管理研究会「言語政策と言語管理」分科会開催のお知らせ

言語管理研究会では「言語政策と言語管理」分科会を下記のとおり開催いたします。皆さまお誘い合わせの上、ぜひご参加ください。

日時:2019年9月6日(金)15:00-17:00
場所:上智大学四谷キャンパス中央図書館9階(L-921)
アクセス:https://www.sophia.ac.jp/jpn/info/access/accessguide/access_yotsuya.html
※参加費無料・事前申し込み不要

テーマ:職場の多言語管理

概要:
「英語社内公用語」論や<やさしい日本語>をめぐる取り組みなどにみられるように、職場において多言語と向き合うことが注目されている。日本の職場における言語管理に関する教育の取り組みの実践報告、またヨーロッパの多国籍企業の実態に関する調査報告をもとに、職場の多言語管理へのアプローチについて理解を深め、議論する場としたい。
質疑・議論は日本語と英語いずれも使用可能。

報告者1.   猿橋順子(青山学院大学)
職場の言語管理マインドをどう育むか:国際コミュニケーション学科開講授業からの実践報告
How to foster language management mind in workplaces: Practice report from an undergraduate class in the Department of International Communication
(使用言語:日本語、提示資料は2言語)

報告者2.   Jiří Nekvapil (Charles University, Prague)
超多様性パラダイムに基づく多国籍企業調査: チェコにおけるドイツ系および韓国系企業の事例から
The superdiversity paradigm and research on multinational companies: The case of German and Korean companies in the Czech Republic
(使用言語:英語)

司会:木村護郞クリストフ(上智大学)

お問い合わせ:言語管理研究会事務局 slm.gengokanri@gmail.com
言語管理研究会HP:https://lmtjapan.wordpress.com/

主催:言語管理研究会
共催:上智大学国際言語情報研究所(「媒介言語論」共同研究)

<関連講演会のご案内>
Jiří Nekvapil (Charles University, Prague)
2019年9月13日(金)17時30分~19時
上智大学四谷キャンパス中央図書館L-921 (Sophia University, L-921)
共催:上智大学ヨーロッパ研究所、日本スラヴ学研究会
Co-organizers: European Institute (Sophia University), The Japanese Society for the Study of Slavic Languages and Literatures

「都市社会言語学の可能性と方法 ~チェコの都市調査の事例から~」
How to investigate a contemporary city: Urban sociolinguistics in the Czech context
(使用言語:英語 in English)

6th International Language Management Symposium のご案内

チラシ(PDF)はダウンロードできます→

 

下記のとおり、6th International Language Management Symposiumを開催いたします。
日時: 2019年9月9日(月)−10日(火)
会場: 立命館大学 朱雀キャンパス
プログラムの詳細ならびに参加申し込みは以下のサイトをご覧ください。
皆さまのご参加をお待ちしております。