2018年度 言語管理研究会「接触場面と言語管理」分科会開催のお知らせ

Poster
☆ ポスターはダウンロードできます→ Poster

2018年度 言語管理研究会「接触場面と言語管理」分科会開催のお知らせ

言語管理研究会では「接触場面と言語管理」分科会を下記のとおり開催いたします。皆さまお誘い合わせの上、ぜひご参加ください。なお、今回の分科会は日本質的心理学会研究交流委員会にも協力をいただいております。

主催:言語管理研究会「接触場面と言語管理」分科会
協力:日本質的心理学会研究交流委員会

日時:2019年2月16日(土)14:00-17:00
場所:一橋大学国立キャンパス 国際研究館 4階 大教室
アクセス:http://www.hit-u.ac.jp/guide/campus/access.html
http://www.hit-u.ac.jp/guide/campus/campus/index.html(建物配置図㊱番)

    • 参加費:500円
    • 参加申込み:資料準備等の関係上、参加希望の方はできるだけ事務局までお申し込みください。お問い合わせもこちらにお願いいたします。(事務局 slm.gengokanri@gmail.com
    • 参加申込締め切り:2月13日(水) ※当日受付もいたします。

テーマ:「多様化する接触場面への質的アプローチ」

分科会の趣旨:
近年様々な研究領域において質的分析を取り入れた研究が広まっています。接触場面研究は異文化間接触におけるインターアクションとそのときの当事者の言語意識のプロセスを分析する質的アプローチの一つです。とくに、最近の接触場面研究や日本語教育研究などでは多元的な社会的文脈と当事者のインターアクションの通時性が注目され、エスノグラフィーや言語バイオグラフィーなどの調査方法を使った質的分析も増えてきています。
今回はそのエスノグラフィーと言語バイオグラフィーを用いて日本における移住者のライフストーリーや言語問題を取り上げている研究者の方々をお招きし、社会的文脈と個人の通時性をどのように多様化する接触場面研究や関連研究に取り込んでいくかを考えたいと思います。

プログラム:
13:30-14:10 開場(受付開始)
14:00-14:05 開会の挨拶

14:10-15:00 話題提供1
「ミクロの事象からマクロの社会を見る:フィールドの意味を記述する質的研究法」
八木真奈美(駿河台大学)

要旨: 近年、質的研究への関心が高まっています。今回の話題提供では、日本に住む移住者を対象としたエスノグラフィーを取り上げます。フィールドでは、現実を織り成すさまざまな意味が交差します。その意味の交差を紐解いていくことで、多元的な社会を記述する研究方法を紹介します。

15:00-15:50 話題提供2
「接触場面に向かう言語管理の通時的プロセスを分析するための方法論:日本の韓国人移住者の言語バイオグラフィー調査の事例から」
今 千春(神田外語大学)

要旨: 外国人移住者の定住化や長期化が進み、最近の接触場面研究では個人の歴史性が重要な視点の一つとなっています。本発表では、移住者の言語管理を通時的な文脈から理解するための方法として言語バイオグラフィー (Nekvapil 2003) を取り上げ、その特徴と分析の可能性を探ります。

15:50-16:05 休憩
16:05-16:55 全体ディスカッション
討論者:福永由佳(国立国語研究所)
16:55-17:00 閉会

言語管理研究会 https://lmtjapan.wordpress.com/