「多言語社会と言語問題シンポジウム2018」開催のお知らせ

「多言語社会と言語問題シンポジウム2018」開催のお知らせ

言語管理研究会では、「多言語社会と言語問題シンポジウム2018」を下記の要領で開催いたします。お誘いあわせの上、ふるってご参加ください。

日時:2018年12月22日(土)10:00-18:00(開場9:30)
会場:東海大学高輪校舎(JR・京浜急行「品川駅」下車、徒歩約18分)
アクセスhttps://www.u-tokai.ac.jp/info/traffic_map/shared/pdf/takanawa_campus.pdf
参加費:一般参加者1,000円(発表者2,000円)/ 懇親会3,000円

主旨
OECDによる移民増加率の発表では日本は世界で第4位となり、実質的な移民大国となっている実体が明らかになっている。多言語社会の到来が喧伝されて久しい中で、個人、コミュニティ、政府などの多様なレベルにおける、多言語社会の言語問題、そして言語問題に対する人々の営みについて、隣接諸領域の研究者のあいだで共有していくこともまた喫緊の課題であろう。本シンポジウムは、以上のような問題意識のもと、広く学際的交流を求める研究者たちの饗宴としたい。

プログラム
9:30                 受付(1号館2階)
10:00-10:10 開会の辞
10:10-11:10 研究発表(セッション1、2)
11:10-12:25 基調講演 ジョン・C. マーハ氏(国際基督教大学)
12:25-13:55 ランチ
13:55-15:25 研究発表(セッション3、4)
15:25-15:40 コーヒーブレイク
15:40-17:40 研究発表(セッション5、6)
17:40-17:55 全体討議
17:55-18:00 閉会の辞
18:00               懇親会(4号館地下1階 コメドール)

ポスターと予稿集をダウンロードいただけます。
Poster
proceedings

参加申し込み
会場準備等の都合上、参加を希望される方は以下の①~③をご記入の上、12月13日(木)までに、シンポジウム事務局(slm.gengokanri@gmail.com)までお申し込みください。
※懇親会に参加される方は、事前にお申し込みください。
※当日受付もいたします。予稿集の配布はございませんので、事前にダウンロードもしくはプリントアウトをしてお持ちください。

①お名前(フリガナ)
②ご所属
③懇親会 参加・不参加

お問い合わせ:シンポジウム事務局 slm.gengokanri@gmail.com
主催:言語管理研究会

基調講演
講演題目:The National Census and Multilingualism in Ireland and Scotland
講演者:John C. Maher(国際基督教大学)
司会:サウクエン・ファン(神田外語大学)

研究発表
<セッション1> 10:10-11:10[1203教室]
司会:菊地浩平(筑波技術大学)
10:10-10:40
ラジオニセコの言語管理:外国人定住者・期間雇用労働者・外国人観光客の増加を背景に
加藤好崇(東海大学)
10:40-11:10
EPA看護師候補生受け入れ病院の職場における問題点と今後の展望
田村瑠美(東海大学大学院生)

<セッション2> 10:10-11:10[1204教室]
司会:大場美和子(昭和女子大学)
10:10-10:40
多文化共生のための書き言葉使用の組織的管理
金子信子(筑波大学)
10:40-11:10
外国人居住者の言語環境とリテラシー問題:日本と韓国の外国人集住地地域の事例分析を中心に
高民定(千葉大学)

<セッション3> 13:55-14:55[1203教室]
司会:栁田直美(一橋大学)
13:55-14:25
ア日接触場面における「依頼―断り」の発話行為に関する研究:断りの発話行為を中心に
フルード ムハンマド(東海大学大学院生)
14:25-14:55
日本語母語話者との接触場面で見られるペルシア語母語話者の儀礼的行動
アキバリ・フーリエ(千葉大学)

<セッション4> 13:55-15:25[1204教室]
司会:竹内明弘(国際大学)
13:55-14:25
プロセス研究としての言語管理の視点:済州島在住外国人花嫁の調査から
サウクエン・ファン(神田外語大学)
14:25-14:55
豪州在住の日本人の言語管理とアイデンティティ:日英両言語の自己評価の語りを通してみえるもの
倉田尚美(モナシュ大学)
14:55-15:25
移動する人々の習慣化された言語管理の語りはどのような多言語社会の言語問題を語っているか
村岡英裕(千葉大学)

<セッション5> 15:40-17:40[1203教室]
司会:リサ・フェアブラザー(上智大学)
15:40-16:10
Language problems faced by Japanese working in the multilingual society of Singapore: A Language Management Approach
Jason Fan (Graduate student, Sophia University)
16:10-16:40
国フェスの言語使用:象徴・伝達・媒介機能の混淆
猿橋順子(青山学院大学)
16:40-17:10
演劇にみる接触場面のモデル:ドイツ・ポーランド国境地域の多言語劇の事例から
木村護郎クリストフ(上智大学)
17:10-17:40
遂行的アイデンティティ構築の原則:
ディスコースにおけるアイデンティティからの発展を目指して
ミラー成三(千葉大学大学院生)

<セッション6> 15:40-17:40[1204教室]
司会:中山由佳(早稲田大学)
15:40-16:10
Self, Other and In-between: Narratives from a Multicultural Classroom Community of an Intercultural Communication Course in a Japanese University
Albert R. Zhou (Musashino University)
16:10-16:40
外国人生徒のポジショニングからみる多言語話者としてのアイデンティティ
孫美那(千葉大学大学院生)
16:40-17:10
「やさしい日本語」から「わかりあえる日本語」へ:クルド人住民の接触場面形成の可能性と日本語教育が果たす役割
片山奈緒美(筑波大学大学院生)
17:10-17:40
EPA介護福祉士候補者にとって必要な言葉とは:言葉遊び(language play)を通して見えること
藤原京佳(摂南大学)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中