2018年度 言語管理研究会「言語教育と言語管理」分科会開催のお知らせ

2018年度 言語管理研究会「言語教育と言語管理」分科会開催のお知らせ

言語管理研究会では「言語教育と言語管理」分科会を下記のとおり開催いたします。皆さまお誘い合わせの上、ぜひご参加ください。

日時:2018年9月1日(土)14:00-16:00
場所:東海大学高輪校舎 1201教室(品川駅近く)
アクセス:http://www.u-tokai.ac.jp/info/traffic_map/shared/pdf/takanawa_campus.pdf

    • 参加費:100円
    • 参加申込み:資料準備等の関係上、参加希望の方はできるだけ事務局までお申し込みください。お問い合わせもこちらにお願いいたします。(事務局 slm.gengokanri@gmail.com
    • 参加申込締め切り:8月29日(水) ※当日受付もいたします。

テーマ:「技能実習生を取り巻く接触場面―日本人のインターアクション能力の向上を視野に入れて―」

分科会の趣旨: 平成30年6月15日に閣議決定された「経済財政運営と改革の基本方針2018」には、外国人材の受入方針が明確に打ち出されており、これまで以上に多様で複雑な接触場面生成を予測させるものとなっている。
平成29年度末の在留外国人数は256万1,848人であったが、うち技能実習生は27万4,233人と全体の10%以上となっており、今後も一層増加する実習生を取り巻く接触場面が、日本の共生を考えていく上でも重要な研究課題であることは言を俟たない。
本分科会ではこの実習生を含む接触場面において、参加者(ホスト側も含む)に必要とされるインターアクション能力とは何か、またその教育について3名の話題提供者を中心に議論を深めていきたい。

プログラム:
13:30-     開場(受付開始)

14:00-14:05 開会の挨拶
司会 加藤好崇(東海大学)

14:10-14:45 話題提供1
「『外国人技能実習制度』とその下で来日する人々の仕事と生活―インタビューデータより―」
上田潤子氏(早稲田大学日本語教育研究センター)

要旨: 「外国人技能実習制度」の概要を紹介した後、インタビューデータから見えた技能実習生の仕事と生活それぞれの場面におけるインターアクションについて考察する。

14:45-15:15 話題提供2
「技能実習生の『生活者』としての接触場面とインターアクション能力を考える―授業記録の振り返りを通して―」
福村真紀子氏(早稲田大学大学院博士後期課程)

要旨: 本発表では、技能実習生に対して行った日本語授業での様々な活動を振り返り、かれらを「生活者」として捉える視点の重要性を示しながら接触場面とその場面で求められるインターアクション能力について考察し、今後彼らに対してどのような日本語教育を目指すのかを議論する。

15:15-15:30 話題提供3
「技能実習生と日本人のインターアクション能力向上に向けて―日本語教育ができること―」
中野玲子氏(早稲田大学日本語教育研究センター)

要旨: 前2つの発表を受け、技能実習生の職場と生活の場に必要なインターアクション能力を養成するために日本語教育ができることを考察する。また、ジャパンリテラシーは技能実習生のみに必要な能力なのかについてあわせ議論していく。

15:30-16:00 ディスカッション
司会  加藤好崇

言語管理研究会 https://lmtjapan.wordpress.com/

「多言語社会と言語問題シンポジウム 2018」研究発表募集のお知らせ

「多言語社会と言語問題シンポジウム 2018」研究発表募集のお知らせ

言語管理研究会では「多言語社会と言語管理シンポジウム2018」における研究発表を募集いたします。発表を希望される方は以下の要領をご参照の上、ふるってご応募ください。

開催日:2018年12月22日 (土)
会場:東海大学 高輪校舎 (品川駅近く)
主旨
OECDによる移民増加率の発表では日本は世界で第4位となり、実質的な移民大国となっている実体が明らかになっている。多言語社会の到来が喧伝されて久しい中で、個人、コミュニティ、政府などの多様なレベルにおける、多言語社会の言語問題、そして言語問題に対する人々の営みについて、隣接諸領域の研究者のあいだで共有していくこともまた喫緊の課題であろう。本シンポジウムは、以上のような問題意識のもと、広く学際的交流を求める研究者たちの饗宴としたい。
参加費:発表者2,000円 (一般参加者1,000円)

発表資格:特になし
発表内容
広く「言語問題」と「言語に対する人々の営み」(Behavior towards language, Fishman)に焦点を当てた研究発表とします。接触場面研究、言語政策、移民の言語問題、言語教育と言語習得、多様な言語背景をもつ人々のアイデンティティ、言語管理理論、等、具体的な実証研究から理論的な論考まで幅広く募集します。なお、発表は未発表のものに限ります。
発表形式:口頭発表 (単独または共同発表)
使用言語:日本語または英語
応募方法:下記の内容を slm.gengokanri@gmail.com にご送付ください。

(1) 発表者氏名・所属
(2) 発表タイトル
(3) 発表要旨1,200字程度
(4) 使用言語
(5) 発表者連絡先 (氏名、E-mailアドレス、電話番号):共同発表の場合は代表者のみご記載ください。

応募締切2018年9月7日 (金) (受付終了しました)
採否通知:応募された発表について審査を行い、採択の結果を2018年9月末をめどにご連絡します。

問い合わせ先:シンポジウム事務局 slm.gengokanri@gmail.com
主催:言語管理研究会

2018年度 研究会活動予定

2018年度言語管理研究会活動スケジュール

2018年度は3回の分科会と全体シンポジウムの開催を予定しています。
全体シンポジウムでは一般発表も募集いたしますので、ふるってご応募ください。

「言語教育と言語管理」分科会

日時:2018年9月1日 (土) 14:00-16:00
会場:東海大学高輪校舎
テーマ:「技能実習生を取り巻く接触場面―日本人のインターアクション能力の向上を視野に入れて―」
話題提供者:福村真紀子氏 (早稲田大学)、上田潤子氏 (同左)、中野玲子氏 (同左)

多言語社会と言語問題シンポジウム 2018

日時:2018年12月22日 (土)
会場:東海大学高輪校舎
※詳細はこちらをご覧ください。

「接触場面と言語管理」分科会

日時:2019年2月16日 (土) 14:00-17:00
会場:一橋大学
テーマ:「多様化する接触場面への質的アプローチ」
話題提供者:八木真奈美氏 (駿河台大学)、今千春 (神田外語大学)

「言語政策と言語管理」分科会

日時:2019年3月23日 (土)
会場:上智大学
テーマ:「英語教育の言語政策に関わる言語管理―インテレストとパワーの観点から―」
話題提供者:リサ・フェアブラザー氏 (上智大学)