研究会2012/2014

2014年度 全体の研究テーマ「評価の多様性と言語管理」

2014年度ワークショップ「言語管理とプロセス研究」
本ワークショップでは、言語管理研究の基礎とはなにか、そしてプロセス研究の1つでもある言語管理理論と相互行為研究とはどのよう射程の違いをもっているかを考えて行きます。
日時:2015年3月7日(土)13:00-16:00
場所:神田外語学院3号館4階402教室

第1部:言語管理理論の基礎をさぐる
70年代の社会言語学の潮流から80年代に入って提唱されるにいたった言語管理理論について考えて行きます。
・話題提供:研究会メンバー
・対談 S.K.ファン(神田外語大学)
竹内明弘(国際大学)
第2部:言語管理研究とプロセス研究
2000年代に入り注目されてきた相互行為研究とのかかわりから言語管理研究のプロセス研究としての側面を議論していきます。
・話題提供:研究会メンバー
・対談 菊地浩平(国立情報学研究所)
大場美和子(昭和女子大学)
第3部:ディスカッション

使用テキスト:
第1部
・Neustupný, J.V. (1985) Language norms in Australian-Japanese contact situations. In Clyne, M. (ed.) Australia, meeting place of languages. pp.161-170. Pacific Linguistics.
・Jernudd, B.H. and Neustupný, J.V. (1987) Language planning: For Whom? In Lafarge, L.(ed.) Proceedings of the International colloquium on Language Planning. May 25-29, 1986, Ottawa. Les Presses de lユ Universite Laval, pp.71-84.
第2部
・Neustupný, J.V. (1994) Problems of English contact discourse and language planning. In Kandiah, T. and Kwan-Terry, J. (ed.) English and language planning: A Southeast Asian contribution. pp.50-69. Singapore: Academic Press.
・西阪仰 (1996)「「日本人である」ことをすること」『相互行為分析という視点: 文化と心の社会学的記述』 金子書房 73-103頁

第36回定例研究会
日時:12月13日(土)14:00-16:00
場所:神田外語学院3号館4階402教室
話題提供1:
竹内明弘(国際大学)
「留学生が遭遇した問題の言語管理プロセス―評価に着目して―」
要旨:本発表は、地方にある完全英語公用語環境下の修士課程に在学する日本語学習者が学外で遭遇した問題の言語管理プロセスを解明し、そこから得られた知見を次世代の留学生にフィードバックをしようとする取り組みの一環である。発表では学習者の評価や態度について考察する。

話題提供2:
北村孝一郎(神田外語大学)
「社会的に構築される属性と言語管理―異文化コンテキストにおける共通言語話者同士のインターアクション分析から―」
要旨:文化は、価値観や行動様式が一定の集団に共有されることによって構築されるが、その共有を可能にする最も有力な媒体は言語である。言語は文化によって規定され、その規範に則った言語使用は文化を再構築するとされる。本発表は、この文化と言語の相関性についての一考察であり、海外に滞在する日本人の若者同士の接触場面を取り上げ、質問紙調査と談話分析を通じて(1)参加者の持つその集団に特有の価値観や行動様式についての認識がどのように言語使用に反映されるのか、そして(2)その言語管理がどのように参加者間の共属感を強め1つの「純粋に理論的な存在」(Bourdieu 1991)としての言語共同体の構築・維持に関わるのか、その相互作用する過程の一端を明らかにすることを試みる。

第35回定例研究会
日時:10月25日(土)14:00-16:00
場所:千葉大学人文社会科学系総合研究棟4階共同研究室2
話題提供1:
菊地浩平(日本学術振興会(PD)/国立情報学研究所)
「手話通訳者の専門用語訳出に際する評価と調整」
要旨:本発表では、手話通訳者が発言の通訳にあたって言葉のどの部分をどのように評価して実際の訳出を調整しているのかを検討する。手話通訳者は日本語と日本手話それぞれに精通したプロフェッショナルだが、特に学術的な議論が行われる場面で用いられる専門用語の通訳は両言語の構造的な違いや文化的・社会的背景からもたらされる様々な要素によって、訳出に困難がともなう場合がある。また手話通訳者は言語形式の変換だけではなく、日本手話母語話者としてのろう者と日本語母語話者としての聴者のインタラクションを可能にするという重要な役割を果たしているが、ここでも同様の困難がともなう場合がある。本発表ではこういった諸問題を手話通訳者自身の観点から検討することで、異なる言語の母語話者同士を取り結ぶ通訳者の言語管理プロセスの一端を明らかにすることを目指す。

話題提供2:
ミラー成三(千葉大学人文社会科学研究科博士後期課程1年)
「日本に住む外国人のアイデンティティ:語られるアイデンティティと演じられるアイデンティティによる記述の可能性」
要旨:近年グローバリゼーションの広がりによって、多様な背景をもった外国人が増加してきており、その言語意識や評価も多様化してきている。また、このような外国人が参加する接触場面においても、従来の枠では捉えきれない多様な言語使用や言語管理が見られる。本研究は日本に住む外国人を対象とした、アイデンティティに関する研究の予備調査を報告する。近年アイデンティティ研究においては、従来行われることの多かったナラティブやライフストーリー分析による「語られるアイデンティティ」に加え、相互行為を通して構築される「演じられるアイデンティティ」にも注目が集まりつつある(Cross2010、北出2013)。本発表においては、日本に住む外国人に対するインタビューデータと談話場面の録音データを組み合わせて分析を行うことにより、「語られるアイデンティティ」と「演じられるアイデンティティ」の関係性を記述する可能性を示す。そして、多様化する接触場面、言語管理、評価を捉える方法としてのアイデンティティ分析の有効性を提示することを試みる。

第34回定例研究会
日時:7月26日(土)14:00-16:00
場所:神田外語学院3号館4階402教室
話題提供1:
福永由香(国立国語研究所)
「言語のなかの歴史と社会―在日パキスタン移民の多言語使用を事例に―」
要旨:1980年代以降の移民の急増は、日本の言語状況に大きな影響を与え、社会の多言語状況への関心は高まりつつある。第二言語習得研究や日本語教育研究では外国人の言語使用に関する研究が蓄積されつつあるが,中南米、中国、韓国・朝鮮など、相対的に人口の多いエスニック集団を対象にした従来の研究は、日本語を習得する際にどのような困難があるのかを日本語と母語の二項対立的な図式から論じるという傾向がある。
本発表で扱う在日パキスタン人移民は約1万人に過ぎず、先行研究は限定的である。しかし,他のニューカマーと異なり、彼らの多くは企業家として自立した経済基盤を築き、宗教活動やボランティア活動などの社会的な活動に活発に取り組んでいる。こうした社会・文化的特徴や母国の言語状況は彼らの言語態度を形成し、現在の言語使用に影響を与えていると考えられる。
本発表では在日パキスタン人移民の多言語使用とそれぞれの言語に対する態度の意味するところを彼らの社会的・文化的コンテキストと母国の社会構造を参照しつつ考察する。

話題提供2:
横須賀柳子(国士館大学)
「インターンシップ参加留学生の予備職業的発達」
要旨:大学卒業後の職業選択は青年のアイデンティティ形成の中核的な課題である。特に国家間移動という選択を伴う留学生にとっては、日本の大学に在籍中に就業実践ができるインターンシップは生涯発達のための重要な機会となる。
本発表では、日本企業でのインターンシップに参加した学部留学生が、どのような実践共同体の中でどのような「他者」との関係性をもち、自己と他者をどのように捉えながらアイデンティティを形成していったのか、予備職業人としての成長の過程を探究する。

2013年度 全体の研究テーマ「評価の多様性と言語管理
<趣旨>2012度はインターアクションにおける「評価」について言語教育および言語管理の観点から議論を行いました。今年度も、続けて評価について考えていきたいと思います。グローバル化にともない、現代社会では人々が頻繁に移動するとともに移動先でもインターネット上で出身地域と接触することが常識となっています。そうした言語コミュニティの境界が曖昧になった現在の社会に暮らす人々を対象として、かれらのインターアクションに対する評価の多様性をとりあげ、それがどのような意味で多様なのかを隣接領域の研究者との交流のなかで考察していきます。また人々の評価行動とグローバル化する現代世界との関わりを考察するための研究方法についても取り上げていきたいと思います。

第33回定例研究会
日時:2014年3月8日(土)14:00-16:00
場所:神田外語学院4号館3階会議室
話題提供1:
サウクエン・ファン(神田外語大学)
「オーストラリア香港人移民の書き言葉のレパートリーをめぐって:多言語景観への留意と評価の分析から」
要旨:本研究は書き言葉の民族誌(ethnography of writing)から出発し、多言語多文化社会における移民の言語使用の実態とその意義を考える基礎研究に位置づけられる。今回の研究対象は中国への返還をきっかけにオーストラリアに移住した香港人移民の子供に絞り、彼らが身の回りにあふれる多言語景観についてどのように受け止め、考えるかを言語管理理論に基づいて考察する。対象者はそれぞれの置かれた言語環境によって中国語、とりわけ漢字習得の軌道(trajectory)が異なるのだが、言語能力中心の「言語リテラシー」ではなく、言語使用能力とも言える「言語レパートリー」(Gumperz 1964)の概念を用いて、彼らの多言語景観に対する留意と評価の特徴から多文化多言語オーストラリア社会の現状と今後の行方を考える。

話題提供2:
村岡英裕(千葉大学)
「日本の外国人住民の多層的な評価とその文脈:移動する人々の言語レパートリー予備調査の報告」
要旨:本研究では、多言語多文化社会へと変容しつつある日本に住む外国人を対象にした言語レパートリーに関する予備調査の報告を行う。従来、言語管理研究では具体的な場面で行われる言語管理プロセスを分析し抽出してきたが、本研究では、場面性の範囲をさらに拡げ、言語管理プロセスの文脈化を試みる。予備調査では3名の外国人住民を対象に言語バイオグラフィー(Nekvapil 2004)とインタビュー時点の日常生活でのインターアクションに関するインタビューを行った。直接の文脈であるインタビュー場面における相互行為と、外国人住民の言語使用に関わっていると思われる来日前から現在までの通時的な管理(村岡2010、高2010、今2012)の文脈、という2つの軸を設定し、そのなかに報告された言語使用に対する評価を位置づけてみたい。

第32回定例研究会
日時:2013年11月16日(土)14:00-16:00
場所:神田外語大学6号館1階プレゼンテーション・ルーム
話題提供1:
村上律子(千葉商科大学)
「学部留学生の社会参画の過程における言語管理―アルバイト場面でのインターアクションを中心に―」
要旨:大学の学部で学ぶ私費留学生は予備教育機関在学中から大学卒業までおよそ5~6年の間、週25時間程度のアルバイトに従事しており(日本学生支援機構2012)、学業と同様に留学生活の中で大きな比重を占めていると言える。このようなアルバイト場面において、留学生は他者とインターアクションを行い、言語を習得すると同時に日本人とのつきあい方などを学び、ソーシャルネットワークを形成しているものと思われる。来日直後は日本語や日本文化スキルの乏しい「外国人」だった彼らが、アルバイト経験を通して、徐々に社会に参画し始め、どのように「生活者」となっていくのか。その過程においてどのような言語行動を取り、どのような意識で言語を使用したのか。その習慣化した言語行動や言語意識、すなわち「接触場面に向かう言語管理(村岡2010)」を内省インタビューのデータから読み取り、通時的な観点から社会参画への過程を分析する。

話題提供2:
今千春(神田外語大学)
「外来性に対する評価の多様性―長期滞在の韓国人居住者の場合―」
要旨:日本に居住する韓国人は日本滞在外国人の約3割を占め、多様な背景を持つ人びとが日本社会で生活を営んでいる。近年ではオールド・カマーに加え、長期滞在者や生活者として滞在するニュー・カマーも増加している。このような日本の韓国人居住者に対する研究アプローチとしては、かれらの言語生活の実態や言語意識をさぐろうとするバイリンガリズムの観点からの研究が主であった。最近では、韓国人居住者が参加する接触場面を対象に、かれらの言語使用や言語管理を明らかにしようとする研究も増えている。
本発表では、接触場面における韓国人居住者の外来性に注目し、評価の観点から考察する。場面の当事者である韓国人居住者、第三者である日本語母語話者、そして当事者と同じく長期間日本に滞在している韓国人という三つの主体による評価を分析し、それぞれの評価者がどのような外来性を、どのように評価しているのか、それらが何に基づいた評価であるのかをさぐる。そして、外来性に対する評価の多様性を提示し、外来性が個人の問題として捉えられていることを述べる。

第31回定例研究会
日時:2013年10月19日(土)14:00-16:00
場所:神田外語大学1号館1階110教室
話題提供:Ross Mouer氏(明治大学)
Title:
Globalization, Cross-Cultural Communication and the Future of Japanese Society
Synopsis:
In recent years the Japanese media has given a good deal of attention to a perceived need for more global human capital. This talk will look at the background to that discourse and speculate about the type of communication skills being required within Japanese society as a result of further globalization. The presentation concludes by considering some of the likely consequences for Japanese society.
The speaker:
Ross Mouer is a Professor of the sociology of work and social change in the Graduate School of Business Administration at Meiji University and a Professor Emeritus at Monash University. A former Professor of Japanese Studies and Director of the Japanese Studies Centre at Monash University, he has published widely on work organization in Japan, nihonjinron, images of Japanese society, Japan literacy and Japan’s intercultural relations with Australia. He is currently completing the manuscript for a book on globalization and the future of Japan entitled “The Third Opening?”

2012年度 全体の研究テーマ「評価」研究と接触場面
<趣旨>近年日本の多文化共生の課題とともに外国人の言語運用能力に対する母語話者の「評価」が再び注目されています。一方、言語管理研究においては、「評価」は管理プロセスの一つの段階として、参加者による言語問題の認識とその問題処理のための手掛として取りあげられています。本年度は接触場面における参加者のインターアクションに対する「評価」に注目し、特に「当事者」と「プロセス」の視点から評価を再考察することで、接触場面研究における評価研究の今後の展開を考えたいと思います。

第30回定例研究会「「評価」研究と接触場面−言語教育における評価と言語管理理論における評価(4)」
第4回目に当たる今回の研究会では、前回に引き続き、言語管理の視点から評価のことを考えたいと思います。特に接触場面の参加者の規範の動態性に注目し、評価との関わりについて考えていきます。
日時:2013年3月2日(土)14:00-16:00
場所:神田外語大学 4号館306教室
話題提供:加藤 好崇(東海大学)
「一海外旅行者の接触場面における規範管理」
2003年より日本政府はビジット・ジャパン・キャンペーンを実施し、外国人観光客の受け入れ増加を積極的に促進している 。その目的達成のために様々な整備が行われているが、外国人観光客と日本人とのミクロな接触場面におけるインターアクションについて詳しく分析されることは少ない。
この発表では日本における海外旅行接触場面の分析につなげる目的で行われた筆者の海外旅行接触場面中に生起した規範の動態、規範からの逸脱とその評価、データ収集法などについて考察を行う。

第29回定例研究会「「評価」研究と接触場面−言語教育における評価と言語管理理論における評価(3)」
第3回目に当たる今回の研究会では、接触場面研究の理論的枠組みとして使用される言語管理理論に注目し、接触場面の言語問題に対する当事者評価と言語管理について考えたいと思います。
日時:2012年12月8日(土) 14:00~16:00
場所:千葉大学 (西千葉キャンパス) 社会文化科学系総合研究棟4階 共同研究室2
話題提供:リサ・フェアブラザー (上智大学)
「言語管理プロセスから見た「評価」の特徴」
今回の発表では、言語管理プロセスの観点から「評価」の特徴を検討する。まず、接触場面研究における評価の重要性を踏まえてから、インターアクションの録画データとインタビューデータに基づいて接触場面でどのような逸脱がどのように評価されるのか、また「誰」の逸脱がどのように評価されるのかという傾向を明らかにする。また、評価自体をプロセスとしてみると、「非評価」、「再評価」、「累積評価」、「比較に基づく評価」など評価の様々な特徴が明らかになり、評価のプロセスの複雑さ及び流動性が見えてくる。最後に、なぜ同じような逸脱に対して全く異なる評価が現れるのかを検討し、それが言語管理理論の各段階においても規範が影響を及ぼしているからであることを論じる。

第28回定例研究会「「評価」研究と接触場面−言語教育における評価と言語管理理論における評価(2)」
第2回目に当たる今回の研究会では、日本語教育における評価研究の専門家をお招きして、「評価」のあり方と研究の多様な可能性についてお話を伺いたいと思います。特に、接触場面の当事者評価から見えてくる新たな示唆や研究の意義についてお話を伺い、今後の課題を考えていきたいと思います。
日時:2012年9月29日(土) 14:00~16:00
場所:千葉大学 (西千葉キャンパス)社会文化科学系総合研究棟4階 共同研究室2
話題提供1:
宇佐美 洋 (国立国語研究所)
タイトル:自己と向き合うための評価研究-個人の能力を伸ばす教育から,コミュニティ全体のパフォーマンスを向上させる教育へ-
要旨:本発表では「評価」を,「個人が,外の世界から情報を収集し,解釈し,価値判断に結び付けるための一連の認知プロセス」ととらえる。その認知プロセスは,人により一見極めて多様であるように見えながら,そうした多様性の中に論理的な普遍性を見出すことも可能である。本発表では,評価プロセスの普遍性と個別性について論じたうえで,生涯教育・市民教育の一環として,個人が自らの評価のあり方を内省できるようになることの重要性についても論じる。

話題提供2:
野原 ゆかり(国立国語研究所)
タイトル:接触場面における当事者評価-ロールプレイ参加者の振り返りから-
要旨:日本語教育におけるこれまでの母語話者評価研究は、評価者が第三者として関わる環境で行われてきた。やりとりの場面が対象となっていても、一方の発話者の言語運用だけが注目され、相手の関与は度外視されてきた。本研究では交渉場面のロールプレイに参加した母語話者と非母語話者に振り返りインタビューを行い、言語運用に対する意識と評価の関係を考察した。その結果、母語話者自身も言語運用を意識し、調整しようとしていることが窺えた。このことから、相手に対する評価活動のプロセスの中に、自分自身の言語意識、言語運用が組み込まれていることが示唆された。
評価研究文献リスト:「評価」研究をテーマとするにあたり、本研究会ではこれまでの先行研究を収集し、リストにまとめました。評価研究文献リスト_slm_2012 本リストへのお問い合わせは言語管理研究会事務局(muraoka@shd.chiba-u.ac.jp)までお願いいたします。

第27回定例研究会「言語教育における評価と言語管理理論における評価 (1)」
今年度第1回目にあたる今回の研究会では、隣接領域における「評価」研究として、言語教育における評価研究と言語管理理論における評価について、先行研究を中心に、それぞれの問題意識と研究方法を考察します。特に、プロセスとしてではなく「評価」のみを取り上げることが多かった従来の研究を再検討し、「管理プロセス」の各段階が見落とされることによって何が問題となるかを考えたいと思います。
日時:2012年6月30日(土) 14:00~16:00
場所:千葉大学 (西千葉キャンパス)社会文化科学系総合研究棟4階 共同研究室2
話題提供:1. 高民定 (千葉大学)
「言語教育における「評価」研究ー評価の主体と対象を中心にー」
2. 今千春 (神田外語大学)
「方法論からみた「評価」研究」

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中