研究会1998-2000

これまでの研究会 (1998.7~2000.3)
ここでは本研究会の前身である千葉大学大学院社会文化科学研究科研究プロジェクトの研究会の記録をご紹介します。

1999年度第5回研究会


開催日: 2000年1月28日  場所: 幕張ベイタウン公園東の街
発題者:
• 「受け身の生成ストラテジーと言語管理の考察に向けて」高民定(桜美林大学大学院博士課程)
• 「接触場面における言語管理ーアジア系留学生を中心とする一考察ー」蔡金燕(横浜国立大修士課程)

1999年度第4回研究会
開催日: 1999年10月15日  場所: 千葉大学
発題者:
• 「日本語教育機関で学習歴のない外国人配偶者が接触場面でどのような管理を行っているのか、について」山田直美(横浜国立大学大学院修士課程)
• 「意味交渉と言語管理ー意味交渉の分類と変化ー」星智子(千葉大学大学院修士課程)

1999年度第3回研究会
開催日: 1999年7月16日  場所: 千葉大学
発題者:
• 「鹿児島方言話者の自然会話におけるフォリナートーク」徳永あかね(お茶の水大学大学院修士課程)
• 「内的場面はあるのだろうか」武田加奈子(千葉大学大学院博士課程)

1999年度第2回研究会
開催日: 1999年6月18日  場所: 日本語教育学会会議室
発題者:
• 「書きことばによる「接触場面」における母語話者の言語的調整-フォリナー・ライティングの概念形成に向けて-」鄭恵允(筑波大学大学院)
• 「管理プロセスでの分析に悩むこと-第二文化習得研究の視点から-」徳永あかね(お茶の水大学大学院修士課程)

1999年度第1回研究会
開催日: 1999年5月14日  場所: 千葉大学
発題者:
• 「日本語学習者の社会文化知識習得についての予備調査計画案」村岡英裕(千葉大学)

 

1998年度第4回研究会
開催日: 1999年2月9日  場所: 千葉大学
発題者:
• 「第三者言語接触場面の言語問題─外国人同士はどのように日本語でコミュニケーションをしているか─」S.K.ファン(千葉大学非常勤講師)

1998年度第3回研究会
開催日: 1998年12月4日  場所: 千葉大学
発題者:
• 「言語管理について」J.V.ネウストプニー(千葉大学)

1998年度第2回研究会
開催日: 1998年10月29日  場所: 千葉大学
発題者:
• “Constraints on a Discourse Management Model” Prof. B. Jernudd (City University of Hong Kong)

1998年度第1回研究会
開催日: 1998年7月17日  場所: 千葉大学
発題者: 顔合わせ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中