言語管理 language management

 

言語管理研究 文献リスト <年代順>

ここでは言語管理の理論的研究および接触場面における言語行動について言語管理理論を直接枠組みとして用いた研究論文をご紹介します。

ここで掲載された文献には「接触場面」「言語管理」「言語政策」のキーワードをもとに電子ジャーナル、学術雑誌、各大学紀要から収集された文献、および著者本人から追加された文献が含まれます。

2009年10月現在のリストは2006年に作成された文献リストの改訂版で、1973年~2009年6月までに発表された文献を掲載しています。2006年に1973年~2006年までの文献が収集され、2009年7月,2011年10月に最新論文の補充作業が行われました。

なお、文献収集およびリスト作成は千葉大学大学院日本語教育共同ゼミにおいて進められました。

最終更新日:2012年2月1日

2009年から2015年まで文献リストを改訂しました。掲載の手続きもこれまでと代わりがありません。今回も文献収集およびリスト作成は千葉大学大学院日本語教育共同ゼミにおいて進められました。

最終更新日:2015年12月29日

2015年から2017年までに発表された文献を追加致しました。

最終更新日:2017年3月30日

 

<1973年>

Neustupný, J.V. (1973) “An outline of a theory of language problems”(First draft, 1973. Paper prepared for the section Language Planning, VIIIth World Congress of Sociology, Toronto, August 16-24, 1974.)(Neusutupny 1978に所収).

<1974年>

Neustupný, J.V. (1974) Sociolinguistics and the language teacher. Linguistic Communications, 12, pp.1-24.

<1978年>

Neustupný, J.V. (1978) Post-Structural Approaches to Languages: Language Theory in a Japanese Context. Tokyo: University of Tokyo Press.

<1980年>

Jernudd, B.H. and Thuan, E. (1980) To Err is Human: Control of Language through Correction. I. Report, II. Readings in Correction. Private edition.

<1981年>

ネウストプニー, J.V.(1981)「外国人場面の研究と日本語教育」『日本語教育』45 pp.30-40

尾崎明人(1981)「外国人の日本語の実態(2)上級日本語学習者の伝達能力について」『日本語教育』45 pp.41-52

吉光邦子(1981)「外国人の日本語の実態(4)外国人学習者のアクセント」『日本語教育』45 pp.63-74

<1982年>

ネウストプニー, J.V.(1982)『外国人とのコミュニケーション』 岩波書店

ネウストプニー, J.V.(1982)「日本語研究のパラダイム」 『日本人論に関する十二章』杉本良夫,ロス・マオア編 学陽書房 pp.55-76

<1983年>

Neustupný, J.V. (1983) Towards a paradigm for language planning. Language Planning Newsletter. 9-4, pp.1-4.

<1984年>

Neustupný, J.V. (1984) Communication with the Japanese. Papers of the Japanese Studies Centre 13, Melbourne: Japanese Studies Centre.

Neustupný, J.V. (1984) Language planning and human rights. In Gonzales, A. (ed.), Panagani, Essays in Honour of B. P. Sibayan on his 67th Birthday. pp.66-74. Manila: Linguistic Society of the Philippines.

<1985年>

Neustupný, J.V. (1985) Language norms in Australian-Japanese contact situations. In Clyne, M. (ed.) Australia, meeting place of languages. pp.161-170. Pacific Linguistics.

ネウストプニー, J.V.(1985)「言語計画のパラダイムを目指して」『社会言語学の探求』 応用言語学講座3 林四郎編 明治書院 pp.270-279

Neustupný, J.V. (1985) Problems in Australian-Japanese contact situations. In Pride, J. B.(ed.), Cross-cultural encounters: communication and miscommunication. pp.44-84. Melbourne: River Seine.

<1986年>

Neustupný, J.V. (1986) Language and society: the case of Japanese honorifics. In Fishman, J. A., et al. (eds.), The Fergusonian Impact, pp.59ミ71, Berlin: Mouton de Gruyter.

<1987年>

Neustupný, J.V. (1987) Communicating with the Japanese. Tokyo: The Japan Times

Jernudd, B.H. and Neustupný, J.V. (1987) Language planning: For Whom? In Lafarge, L.(ed.) Proceedings of the International colloquium on Language Planning. May 25-29, 1986, Ottawa. Les Presses de lユ Universite Laval, pp.71-84.

<1989年>

Neustupný, J.V. (1989) Language purism as a type of language correction. In Jernudd, B. H. and Shapiro, M. J. (eds.), The politics of language purism., pp.211ミ223, Berlin and New York: Mouton de Gruyter.

ネウストプニー,J.V.(1989)「日本研究のパラダイム:その多様性を理解するために」『世界の中の日本』1 国際日本文化研究センター pp.79-96

ネウストプニー,J.V.(1989)「日本人のコミュニケーション行動と日本語教育」『日本語教育』67 pp.11-24

<1990年>

Marriott, H.E. (1990) Intercultural business negotiations: the problem of norm discrepancy. Australian Review of Applied Linguistics, Series S, 7, pp.33-65.

Neustupný, J.V. (1990) Language planning and the testing of Japanese in Australia. In Wylie, E. (ed.), Assessment of proficiency in Japanese as a foreign language: Conference proceedings of an international working group sponsored by the Asian Studies Council, pp.79-93, Canberra: Asian Studies Council.

Neustupný, J.V. (1990) The follow-up interview. Japanese Studies Association of Australia Newsletter.46ミ2, pp.107-111.

<1991年>

Marriott, H.E. (1991) Language planning and language management for tourism shopping situations. Australian Review of Applied Linguistics, Series S, 8

Neustupný, J.V. (1991) Ruhe Yu Ribenren Jiaoji. (Communicating with the Japanese.) (Translated by Lin Shuwu and Qian Minru, Beijing Languages Institute Publishing House, Beijing).

Neustupný, J.V. (1991) Australian linguistics: reality or mirage? – A postscript. In Clyne, M. (ed.), Linguistics in Australia: Trends in Research, pp.195-201 Canberra: Academy of the Social Sciences in Australia.

ネウストプニー, J.V.(1991)「新しい日本語教育のために」『世界の日本語教育』1 pp.1-14

<1992年>

Fan, S.K.C. (1992) Language management in contact situations between Japanese and Chinese. Ph. D. thesis. Department of Japanese Studies. Monash University, Melbourne.

Neustupný, J.V. (1992) The Romani Language and Language Management. Prague: Centre for Theoretical Study, CTS Research Reports 92ミ09, 34pp.

<1993年>

Neustupný, J.V. (1993) Language management for Romani in Central and Eastern Europe. New Language Planning Newsletter 7-4, pp.1-6.

Neustupný, J.V. (1993) Poststrukturalismus a Prazska skola. (Poststructuralism and the Prague School) Slovo a slovesnost 54, pp.1-7.

<1994年>

Fan, S.K.C. (1994) Contact situations and language management. Multilingua, 13-3, pp. 237-252

Neustupný, J.V. (1994) Problems of English contact discourse and language planning. In Kandiah, T. and Kwan-Terry, J. (ed.), English and language planning: A Southeast Asian contribution. pp.50-69, Singapore: Academic Press

ネウストプニー,J.V.(1994)「日本研究の方法論:データ収集の段階」 『待兼山論叢』28 日本語学篇 pp.1-24

<1995年>

ネウストプニー,J.V.(1995)「日本語教育と言語管理」『阪大日本語研究』7 pp. 67-82

ネウストプニー,J.V.(1995)『新しい日本語教育のために』 大修館書店

ネウストプニー,J.V.(1995)「日本語教育のネットワーク:ランゲージ・マネージメントの観点から」『ひろがる日本語教育ネットワーク』日本語教育学会 pp.1-15

Neustupný, J.V. (1995) Some issues of ordering in interactive competence. In Palek, B. (ed.), Proceedings of LP’94: Item Order in Natural Languages – Prague 16-18 August 1994, Prague: Charles University Press, pp.10-26.

ネウストプニー,J.V.(1995)「言語管理と森有礼―近代以前から近代前期への移行」『江戸の思想』2 pp.122-131

<1996年>

Neustupný, J.V. (1996) Current issues in Japanese-foreign contact situations. In International Research Centre for Japanese Studies (ed.), Kyoto Conference on Japanese Studies 1994, pp.208-216.

Neustupný, J.V. (1996) Japanese discourse studies: native and contact situations.(日本語の談話研究:内的場面と接触場面の場合)『阪大日本語研究』8 pp.1-13

ネウストプニー,J.V.(1996)「ネットワーク研究の方法」 平成7年度文化庁日本語教育研究委嘱 『国内の日本語教育ネットワーク作りに関する調査研究』中間報告(日本語教育学会)pp.11-19

ネウストプニー,J.V.(1996)「言語政策」『言語学大辞典』第6巻 三省堂 pp.425-429

Neustupný, J.V. and Hubschmannova, M. (1996) The Slovak-and-Czech dialect of Romani and its standardization. International Journal of the Sociology of Language. 120, pp.85-109

由井紀久子(1996)「旧ヤップ公学校卒業生の日本語談話能力-訂正過程についての一考察-」『阪大日本語研究』8 pp.73-86

<1997年>

Masumi-So, H. (1997) Developing a framework for research into norms in Australian-Japanese contact situations: From the point of view of teaching Japanese as a foreign language (TJFL) in Australia. Paper presented at the 10th Biennial Conference of the Japanese Studies Association of Australia, July 6-10, 1997, Melbourne.

Miyazaki, S. (1997) Communicative adjustment between native speakers and non-native speakers of Japanese. Ph. D. Thesis: Monash University, Melbourne.

ネウストプニー,J.V.(1997)「言語管理と言語の諸問題」『多言語・多文化コミュニティのための言語管理―差異を生きる個人とコミュニティ』 国立国語研究所 pp.21-37

ネウストプニー,J.V.(1997)「プロセスとしての習得の研究」『阪大日本語研究』9 pp.1-15

ネウストプニー,J.V.(1997)「日本語教育とネットワークの考え方―ネットワーク研究のためのガイド―」 『国内の日本語教育ネットワーク作りに関する調査研究 最終報告書』 日本語教育学会 pp.181-196

ネウストプニー,J. V.(1997)「ポライトネスと敬語・ポジティブポライトネスと敬語回避・談話レベルからみたポライトネス」 『言葉は社会を変えられる』宇佐美まゆみ編著 明石書店 pp.249-291

Neustupný, J.V. (1997) Teaching communication or teaching interaction? 『異文化コミュニケーション研究』10,神田外国語大学異文化コミュニケーション研究所 pp.1-13

Neustupný, J.V. (1997) Sociolinguistics: Some other Traditions. In Paulston, C. B. and Tucker, G. R. (eds.), The Early Days of Sociolinguistics, The Summer Institute of Linguistics., pp.201-209.

<1998年>

今石 幸子(1998)「日本語学習者のチュートリアルにおけるあいづちとその周辺-フォローアップ・インタビューによる談話分析を中心に-」『阪大日本語研究』 10 pp.111-128

石井一成(1998)「地域の日本語支援の場におけるリテラシー行動の類型の試み―リテラシー理論と言語管理理論から―」『日本語教育』98 pp.109-120

Nekvapil, J. and Neustupný, J.V. (1998) Linguistic communities in the Czech Republic. In Paulston, Ch. B. and Peckham, D. (eds.), Linguistic Minorities in Central and Eastern Europe., Clevedon, Philadelphia, Toronto, Sydney, Johannesburg: Multilingual Matters., pp.116-134.

ネウストプニー,J.V.(1998)「習得と教授行動」『日本語教育における教授者の行動ネットワークに関する調査研究-報告書』日本語教育学会 pp.17-39

ネウストプニー,J.V.(1998)「日本語教育のための日本語研究―これからの課題」『公開討論会(一)「日本語教育のための研究課題」』特別研究「日本語総合シラバスの構築と教材開発指針の作成」会議要録 国立国語研究所 pp.15-25

御舘久里恵(1998)「日本語母語話者の接触場面におけるフォリナー・トークの諸相-非言語行動を含めた談話過程の考察から-」『大阪大学日本学報』17 pp.111-123

武田加奈子(1998)「接触場面の断り行動についてのケース・スタディ」『語文論叢』26 千葉大学文学部国語国文学会 pp.79-94

<1999年>

ファン,サウクエン(1999)「非母語語者同士の日本語会話における言語問題」『社会言語科学』2-1 pp.37-48

高民定(1999)「日本語と韓国語の受け身―韓国人による日本語の受け身の言語管理について」『桜美林国際学論集マジス』4 桜美林大学大学院国際研究科pp.209-218

高民定(1999)「韓国語の受身―韓国人による日本語の受身の「言語管理」について―」『平成11年度 日本語教育学会春季大会予稿集』 pp.65-70

村岡英裕(1999)『日本語教師の方法論―教室談話分析と教授ストラテジー』凡人社

村岡英裕(1999)「ネウストプニー先生を送る」『人文研究』28 千葉大学 pp.31-53

渋谷勝己(1999)「国語審議会における国語の管理」『社会言語科学』2-1 pp.5-14

武田加奈子(1999)「接触場面における断り行動の談話-方法論を中心に-」『社会言語科学会第3回研究大会予稿集』pp.108-113

田中望(1999)「日本の外国人問題と自主言語管理」『社会言語科学』2-1 pp.49-58

山田富秋(1999)「エスノメソドロジーから見た“言語問題”」『社会言語科学』2-1 pp.59-69

<2000年>

Dane_, F. (2000) People, Cultures, and languages in contact: The drifting of Czech in the present-day flood of English. Journal of Asian Pacific Communication. 10-2, pp.227-238.

サウクエン・ファン(2000)「オーストラリア香港人移民の言語接触と言語問題の一考察:日本人と英語による初対面会話における話者指示の管理から」『東南アジアにおける 人の移動と文化の創造 論集1』宮崎恒二編東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所pp.121-147.

フェアブラザー,リサ(2000)「言語管理モデルからインナーアクション管理モデルへ」『接触場面の言語管理研究Vol.1』 千葉大学社会文化科学研究科研究プロジェクト報告書 pp.55-65

Fairbrother, L.C. (2000) Analysis of intercultural interaction management within a party situation. The Japanese Journal of Language in Society. 2-2, pp.33-42.

Ho, A. K. and Jernudd, B.H. (2000) Conversational repair in spoken Hong Kong Cantonese. Journal of Asian Pacific Communication. 10-2, pp.205-225.

Jernudd, B.H. (2000) Language management and language problems: Part 1. Journal of Asian Pacific Communication. 10-2, pp.193-203.

加藤好崇(2000)「日本人母語語者と日本語学習者のインタビュー場面における言語管理の研究」『東海大学紀要 留学生教育センター』20 pp.57-69

高民定(2000)「受身の生成ストラテジーと言語管理の考察に向けて」『接触場面の言語管理研究Vol.1』千葉大学社会文化科学研究科研究プロジェクト報告書 pp.1-12

Maher, J.C. (2000) Marriage, naming and the state. Journal of Asian Pacific communication, 10-2, pp.313-329.

Marriott, H. E. (2000) Japanese students’ management processes and their acquisition of English academic competence during study abroad. Journal of Asian Pacific Communication. 10-2, pp.279-296.

Muraoka, H. (2000) Management of intercultural input: A case study of two Korean residents of Japan. Journal of Asian Pacific communication, 10-2, pp.297-311.

Nekvapil, J. (2000) Sprachmanagement und ethnische Gemeinschaften in der Tschechischen Republik. In Zybatow, L. N. (ed.), Sprachwandel in der Slavia. Die slavischen Sprachen an der Schwelle zum 21. Jahrhundert. pp.683-699., Frankfurt am Main etc.: Peter Lang.

Nekvapil, J. (2000) On non-self-evident relationships between language andethnicity: How Germans do not speak German, and Czechs do not speak Czech. Multilingua 19, pp.37-53.

Neustupný, J.V. (2000) Theory and practice in language management. New Language Planning Newsletter 14-1, pp.1-4.

Omar, A.H. (2000) Managing languages in conflict situation : A special reference to the implementation of the policy on Malay and English in Malaysia. Journal of Asian Pacific Communication. 10-2, pp.239-253.

蔡金燕(2000)「接触場面における言語管理―アジア系留学生を中心とする考察」『接触場面の言語管理研究Vol.1』 千葉大学社会文化科学研究科研究プロジェクト報告書 pp.35-54

武田加奈子(2000)「内的場面分析の可能性についての一考察」『接触場面の言語管理研究Vol.1』千葉大学社会文化科学研究科研究プロジェクト報告書 pp.67-79

Yoshimitsu, K. (2000) Japanese school children in Melbourne and their language maintenance efforts. Journal of Asian Pacific Communication. 10-2, pp.255-278.

<2001年>

Ghadessy, M. and Gao, Y. (2001) Simplification as a Universal Feature of the Language of Translation. Journal of Asian Pacific communication, 11-1, pp.61-75.

市川千明(2001)「日本語運用における文末形式使用の実際とその支援 ─非日本語母語話者の「じゃないですか」使用の実際と規範問題を中心に─」『平成13年度日本語教育学会 春季大会予稿集』pp.121-126

Jernudd, B.H. (2001) Language management and Language Problems Part2. Journal of Asian Pacific communication, 11-1, pp.1-8.

Miyazaki, S. (2001) Theoretical Framework for Communicative Adjustment in Language Acquisition. Journal of Asian Pacific communication, 11-1, pp.39-60.

Nekvapil, J. (2001) From the biographical narratives of Czech Germans: language biographies in the family of Mr. and Mrs. S. Journal of Asian Pacific Communication 11-1, pp.77-99.

Nekvapil, J. (2001) Aus biographischen Erzâhlungen in der Familie des Herrn und der Frau S.: Sprachbiographien tschechischer Deutscher. In Keller, T. and Raphael, F. (eds.), Biographies au pluriel/Biographien im Plural. Strasbourg: Presses Universitaires de Strasbourg, pp.239-262.

Rubin, J. (2001) Language learner self-management. Journal of Asian Pacific communication, 11-1, pp.25-37.

榊原佳苗(2001)「共通言語接触場面における帰国生の挨拶行動」『千葉大学日本文化論叢』2 pp.(15)-(33)

Xiao-quan, C. (2001) Linguistic diversity in Shanghai. Journal of Asian Pacific communication, 11-1, pp.17-24.

Youguang, Z. (2001) Language planning of China: Accomplishments and failures. Journal of Asian Pacific communication, 11-1, pp.9-16.

<2002年>

浅岡高子(2002)「ディナーパーティーにおける日本人とオーストラリア人とのコミュニケーション:インターアクション・インタビューの使用」『言語研究の方法―言語学・日 本語学・日本語教育学に携わる人のために―』くろしお出版 pp.242-48

フェアブラザー,リサ(2002)「相手言語接触場面における日本語母語話者の規範適用メカニズム」『接触場面における言語管理プロセスについて(・)』千葉大学社会文化科学研究科研究プロジェクト報告書 第38集 pp.1-12

フェアブラザー,リサ(2002)「パーティー場面における異文化間インターアクション管理:データのビデオ記録の一経験」『言語研究の方法―言語学・日本語学・日本語教育学に携わる人のために―』くろしお出版 pp.145-150

Fairbrother, L. C (2002) The conversation of norms in contact situations.『千葉大学社会文化科学研究』6  pp.209-217

フェアブラザー,リサ(2002)「接触場面における問題の認知―日本語母語話者の場合―」『千葉大学 日本文化論叢』3 pp.29-45

フェアブラザー,リサ(2002)「日本語母語話者の規範の顕在化-非母語話者の逸脱が留意される条件-」『第9回社会言語科学会研究大会予稿集』 pp.9-14

ファン,サウクエン(2002)「対象者の内省を調査する(1):フォローアップ・インタビュー」『言語研究の方法―言語学・日本語学・日本語教育学に携わる人のために―』くろしお出版 pp.87-95

ファン,サウクエン(2002)「香港中国人から見た日本人の言語外コミュニケーション」『日本研究所紀要』第3号 神田外語大学 pp.21-35

金子栄子(2002)「オーストラリア人と日本人の接触場面での依頼に対する応答:フォローアップインタビューの一例」『言語研究の方法―言語学・日本語学・日本語教育学に携わる人のために―』くろしお出版 pp.186-193

金子信子(2002)「日本語非母語話者の日常場面における文字接触と言語管理―自己管理と他者管理―」『接触場面における言語管理プロセスについて(・)』千葉大学社会文化科 学研究科研究プロジェクト報告書 第38集 pp.99-113

金子信子(2002)「文字接触と言語管理:インターアクション・インタビューを用いて」『言語研究の方法―言語学・日本語学・日本語教育学に携わる人のために―』くろしお出版 pp.249-254

金子信子(2002)「非漢字圏出身者の文字接触と言語管理-日常生活における日本人の配偶者のケースタディ」『第9回社会言語科学会研究大会予稿集』 pp.111-116

加藤好崇(2002)「インタビュー接触場面における「規範」の研究」『東海大学紀要 留学生教育センター』22 pp.21-40

加藤好崇(2002)「日本人母語話者と日本語学習者のインタビュー場面における言語管理:フォローアップ・インタビューの一例」『言語研究の方法―言語学・日本語学・日本語教育学に携わる人のために―』くろしお出版 pp.194-199

高民定(2002)『話しことばにおける受身の研究-日本語母語話者と韓国人非母語話者の日本語使用場面を中心に- 』桜美林大学大学院博士学位論文

高民定(2002)「対象者の内省を調査する(2):アイカメラ」『言語研究の方法―言語学・日本語学・日本語教育学に携わる人のために―』くろしお出版 pp.97-105

今千春(2002)「日本語母語話者の留意プロセス―日本語非母語話者の受容面に対する管理の一考察―」『接触場面における言語管理プロセスについて』千葉大学社会文化科学研究科研究プロジェクト報告書 第38集 pp.13-27

三田美佐子(2002)「教科学習場面での調整ストラテジー―ブラジル人児童・担任教師・日本人児童の談話管理のプロセス」『接触場面における言語管理プロセスについて』千葉大学社会文化科学研究科研究プロジェクト報告書 第38集 pp.41-55

宮崎里司(2002)「対象者の内省を調察する(4):発話思考法,学習ダイアリー,再生刺激法,回想法」『言語研究の方法―言語学・日本語学・日本語教育学に携わる人のために―』 くろしお出版 pp.117-123

村岡英裕(2002)「在日外国人の異文化インターアクションにおける調整行動とその規範に関する事例研究」『接触場面における言語管理プロセスについて』千葉大学社会文化科学研究科研究プロジェクト報告書 第38集 pp.115-126

村岡英裕(2002)「質問調査:インタビューとアンケート」『言語研究の方法―言語学・日本語学・日本語教育学に携わる人のために―』くろしお出版 pp.125-142

根本浩行(2002) Japanese exchange students’ management strategies in academic writing. ASAA e-journal of Asian linguistics & language teaching Issue #2. Asian Studies Association of Australia (ASAA). Inc.pp.1-16.
ネウストプニー,J.V.(2002)「データをどう集めるか」『言語研究の方法―言語学・日本語学・日本語教育学に携わる人のために―』くろしお出版 pp.15-33
ネウストプニー,R.(2002)「モーウェルにおけるオーストラリア人と日本人:ビデオを使った24時間調査の試み」『言語研究の方法―言語学・日本語学・日本語教育学に携わる人のために―』くろしお出版 pp.157-161

尾崎明人(2002)「日本語母語話者と非母語話者の会話における「聞き返し」:フォローアップ・インタビューの一例」『言語研究の方法―言語学・日本語学・日本語教育学に携わる人のために―』くろしお出版 pp.181-185

武田加奈子(2002)「短期留学生のネットワーク調査:言語管理プロセスの観点から―中間報告―」『接触場面における言語管理プロセスについて(・)』千葉大学社会文化科学研究科研究プロジェクト報告書 第38集 pp.71-85

矢作千春(2002)「チューター場面における言語管理―チューターの管理プロセスを中心に―」『接触場面における言語管理プロセスについて(・)』千葉大学社会文化科学研究科研究プロジェクト報告書 第38集 pp.57-69

横須賀柳子(2002)「専門的職業に従事する外国人による言語管理」『接触場面における言語管理プロセスについて(・)』千葉大学社会文化科学研究科研究プロジェクト報告書第38集 pp.87-98
<2003年>

伴紀子(2003)「学習ストラテジーは学習の過程でどのように変化するか」『接触場面と日本語教育 ネウストプニーのインパクト』 明治書院 pp.261-270

フェアブラザー,リサ(2003)『接触場面と外来性―日本語母語話者のインターアクション管理の観点から―』千葉大学大学院博士学位論文

ファン,サウクエン(2003)「日本語の外来性(foreignness):第三者言語接触場面における参加者の日本語規範及び規範の管理から」『接触場面と日本語教育 ネウストプニーのインパクト』 明治書院 pp.3-21

ファン,サウクエン(2003)「接触場面のタイポロジーと会話参加者の言語管理」『日本語総合シラバスの構築と教材開発指針の作成:論文集』第2巻 独立行政法人国立国語研究所 pp.300-308

石田由美子(2003)「ディスコースから見た政府の役割に対するシンガポール人の個人言語管理―50代と20代の比較からの考察―」『接触場面と日本語教育 ネウストプニーのインパクト』明治書院 pp.197-219

加藤好崇(2003)「日本語ボランティア場面における教師の「規範」と言語管理」『接触場面と日本語教育 ネウストプニーのインパクト』明治書院 pp.319-333

木口理恵(2003)「3ヶ国語習得者の第二言語コミュニケーションにおけるあいづち―中国 人日本語学習者の英語場面の分析―」『千葉大学日本文化論叢』4 pp.(17)-(32)

木村護郎クリストフ(2003)「言語政策研究の陥穽―社会言語学は「人為性」をどのようにとらえてきたか―」『日本言語政策学会第3回大会 資料』 pp.20-22

高定民(2003)「接触場面におけるカテゴリー化と権利」『接触場面と日本語教育 ネウストプニーのインパクト』 明治書院 pp.23-44

宮崎七湖(2003)「外国人の留学生の意見文産出過程における調整行動について─観察法とフォローアップ・インタビューを用いて─」『平成15年度日本語教育学会春季大会予稿集』 pp.201-206

Nekvapil, J. (2003) Language biographies and the analysis of language situations: on the life of the German community in the Czech Republic. International Journal of the Sociology of Language 162, pp.63-83.

根本浩行 (2003) Management of participation by Japanese exchange students at an Australian university. Refereed Proceedings of Hawaii International Conference on Arts and Humanities . プロシーディング(3)

Neustupný, J.V. and Nekvapil, J. (2003) Language management in the Czech Republic. Current Issues in Language Planning 4(2).

Neustupný, J.V. (2003) Liter?rn・kritika jako jazykov_ management [Literary criticismas language management]. Slovo a slovesnost 64, pp.276-288.

Neustupný, J.V. (2003) Japanese students in Prague: Problems of communication and interaction. International Journal of the Sociology of Language No.162

山田伸子(2003)「日本語アクセントの知識と言語管理」『接触場面と日本語教育 ネウストプニーのインパクト』 明治書院 pp.97-109

高民定(2003)「日本語と韓国語の受身の類型論的な考察にむけて」『桜美林シナジー 桜美林大学大学院国際研究科ジャーナル』第1号 桜美林大学 pp.107‐123

ネウストプニー,J.V.(2003)「日本の言語行動の過去と未来」北原保雄監修、萩野網男編『朝倉日本語講座9 言語行動』朝倉書店 pp.1-28

ネウストプニー,J.V.(2003)「言語連合と日本語教育–日本語教育における類型論的アプローチにむけて」『桜美林シナジー』No.[1] 桜美林大学大学院国際学研究科 pp.91-106

春口淳一(2003)「言語ホストとしての上級学習者の自己調整参加調整ストラテジー-第三者言語接触場面における会話参加の一考察」『千葉大学日本文化論叢』5 千葉大学文学部日本文化学会 pp.73-86

ファン,サウクエン(2003)「接触場面のタイポロジーと会話参加者の言語管理」『日本語総合シラバスの構築と教材開発指針の作成:論文集』第2巻 独立行政法人国立国語研究所 pp.300-308

宮崎七湖(2003)「外国人の留学生の意見文産出過程における調整行動について─観察法とフォローアップ・インタビューを用いて─」『日本語教育学会春季大会予稿集』日本語教育学会 pp.201-206

村岡英裕(2003)「社会文化能力はどのように習得されるか−社会文化規範の管理プロセスからシラバスの構築へ」『日本語総合シラバスの構築と教材開発指針の作成論文集第3巻日本語教育の社会文化能力』独立行政法人国立国語研究所 pp.458-495

村岡英裕(2003)『日本語準母語話者のコミュニケーション規範に関する調査研究』科学研究費助成金(基盤研究(C)(2)) (課題番号12680298) 研究成果報告書 千葉大学

山田伸子(2003)「日本語学習者によるアクセントの知識と意識」『日本語教育学会秋季大会予稿集』 日本語教育学会 pp.65-70

尹智鉉(2003)「遠隔接触場面における調整軌道: ビデオ会議システムを用いた日本語教育の試み」『日本語教育学会春季大会予稿集』日本語教育学会 pp.189–194

<2004年>

麻生貴美(2004)「講義場面における留学生のインターアクション問題に対する調整行動-非言語行動としての頭部動作を中心に-」『早稲田大学日本語教育研究』第5号 早稲田大学日本語教育研究科 pp.19‐44

Fan,S.K.(2004)「Language learners’ conversational participation in non-goal-oriented network situations: An attempt of International Encounter Groups in the university setting」『接触場面の言語管理研究』vol.3 千葉大学大学院社会文化科学研究科研究プロジェクト報告書 pp.69-89

フェアブラザー,リサ(2004)「日本語母語話者と非母語話者のインターアクションにおいて逸脱がなぜ留意されないのか」『接触場面の言語管理研究』vol.3 千葉大学大学院社会文化科学研究科研究プロジェクト報告書 pp.55-67

原田明子(2004)「学習環境と社会的ストラテジーの使用-夜間中学に在籍する日本語学習者のネットワークから-」『接触場面の言語管理研究』vol.3 千葉大学大学院社会文化科学研究科研究プロジェクト報告書 pp.151-167

春口淳一(2004)「言語ホストとしての上級学習者の自己参加調整ストラテジー」『千葉大学日本文化論叢』5号 千葉大学文学部日本文化学会 pp.86-73

石田由美子(2004)「イディオムと深層管理」『接触場面の言語管理研究』vol.3 千葉大学大学院社会文化科学研究科研究プロジェクト報告書 pp.193-207

金子信子(2004)「日本語母語話者が仲介したリテラシー・イベントにおける言語管理-買い物場面でのインターアクション分析から-」『接触場面の言語管理研究』vol.3 千葉大学大学院社会文化科学研究科研究プロジェクト報告書 pp.133-150

高民定(2004)「日本語学習の新しい芽生えの一つ-韓国のインターネット・サークルの場合-中間報告」『接触場面の言語管理研究』vol.3 千葉大学大学院社会文化科学研究科研究プロジェクト報告書 pp.169-192

高民定・村岡英裕(2004)「学習の新しい芽生えの一つ-韓国のインターネット・サークルの場合-」『日本語教育国際研究大会予稿集』 日本語教育学会他 pp.21-27

宮崎七湖 (2004) 「留学生の文章産出過程における言語管理」『接触場面の言語管理研究』vol.3千葉大学大学院社会文化科学研究科研究プロジェクト報告書 pp.107-132

宮崎里司・小山真希子・小暮良幸(2004)「言語管理と脳の言語処理過程:事象関連電位(ERP)を使った日本語習者のカタカナの表記逸脱研究」『接触場面の言語管理研究』vol.3 千葉大学大学院社会文化科学研究科研究プロジェクト報告書 pp.91-105

村岡英裕(2004)「日本語非母語話者のインターアクション規範と第二文化習得のメカニズムについて」『日本語教育国際大会予稿集』 日本語教育学会他 pp.201-205

村岡英裕(2004)「フォローアップ・インタビューにおける質問と応答」『接触場面の言語管理研究』vol.3 千葉大学大学院社会文化科学研究科研究プロジェクト報告書 pp.209-226

Hiroyuki Nemoto.(2004) The cross-cultural academic communication and study management of Japanese exchange students. Journal of Asian Pacific Communication 14 (1). John Benjamins Publishing Company. pp.113-136.
ネウストプニー,J.V.(2004)「言語管理理論の歴史的位置:アップデート」『接触場面の言語管理研究』vol.3 千葉大学大学院社会文化科学研究科研究プロジェクト報告書 pp.1-7

Nekvapil,J.(2004)Language Biographies and Management Summaries 『接触場面の言語管理研究』vol.3 千葉大学大学院社会文化科学研究科研究プロジェクト報告書 pp.9-33

Neustupný J.V. (2004) A theory of contact situations and the study of academic interaction. Journal of Asian Pacific Communication Vol.14 No.1.John. Benjamins Publishing Company. pp.3-31.

武田加奈子(2004)「接触場面における勧誘応答の分析-勧誘者が被勧誘者の応答を断りと判断する要素-」『接触場面の言語管理研究』vol.3 千葉大学大学院社会文化科学研究科研究プロジェクト報告書 pp.35-54

尹智鉉(2004)「遠隔接触場面における調整軌道-ビデオ会議システムを用いた日本語教育の試み-」『日本語教育』123号 日本語教育学会 pp.17-26

尹智鉉(2004)「ビデオ会議システムを介した遠隔接触場面における言語管理:「turn-taking」と処理過程をめぐって」『世界の日本語教育』14号 国際交流基金 pp.35-52

<2005年>

陳明涓(2005)「台日接触場面における日本語によるグループ討論のフレーム分析: 討論の骨格に焦点を当てて」『世界の日本語教育』15号 国際交流基金 pp.91-102

林里香(2005)「3者間接触場面における「聞き返し」-フォローアップ・インタビューによる問題解決の再吟味-」『第16回社会言語科学会研究大会予稿集』社会言語科学会 pp.70-73

石田由美子(2005)『多言語状況下における個人言語管理-シンガポール、マレーシア、フィリピンの場合-』桜美林大学大学院博士学位論文

金子信子(2005)「外国人相談所におけるリテラシーの仲介-参与観察による事例の考察-」『千葉大学社会文化科学研究』10 千葉大学大学院社会文化科学研究科 pp.9-22

Kaplan, Robert B. & Baldauf, Richard B., Jr. (2005) Editing Contributed Scholarly Articles from a Language Management Perspective. Journal of Second Language Writing 14(1). Elsevier B.V. pp.47-62.

木村護郎クリストフ(2005)「言語政策研究の言語観を問う-言語計画/言語態度の二分法から言語管理の理論へ-」『言語政策』第1号 日本言語政策学会 pp.1-13

高民定(2005)「接触場面における言語問題と調整行動―日本人韓国語非母語話者と韓国語母語話者の接触場面の談話分析を中心にー」『Obirin Today-教育の現場から』第5号 桜美林大学 pp.38-47

宮崎七湖(2005)「留学生の意見文産出過程における言語管理と産出文章」『日本研究と日本語教育におけるグローバルネットワーク Book2』香港城市大学語文学部・香港日本語教育研究会 pp.83-93

宮崎里司(2005)「日本語教科書の会話ディスコースと明示的(explicit)、暗示的(implicit)な調整行動:教科書談話から学べること・学べないこと」『早稲田大学日本語教育研究』第7号 早稲田大学日本語教育研究科 pp.1-26

Neustupný, J. V. (2005) Foreigners and the Japanese in Contact Situations: Evaluation of Norm Deviations.International Journal of the Sociology of Language. 175-6. MOUTON DE GRUYTER. pp.307-323.

尾崎明人(2005)「日本語会話の教育と接触会話の分析」『BATJ Journal』No.6 英国日本語教育学会 pp.69-82

由井紀久子(2005)「日本語教育における「場面」の多義性」『無差』Vol.12 京都外国語大学 pp.1-22

<2006年>

ファン,サウクエン(2006)「接触場面のタイポロジーと接触場面研究の課題」国立国語研究所編『日本語教育の新たな文脈-学習環境、接触場面、コミュニケーションの多様性-』アルク pp.120-141

林里香(2006)「接触場面の意味交渉における発話意図と問題解決の関係」『多文化共生社会における言語管理-接触場面の言語管理研究 vol.4-』 千葉大学大学院社会文化科学研究科研究プロジェクト報告書 pp.57-67

石田由美子(2006)「個人は地域の英語に対してどのような言語管理を行っているか-シンガポール、マレーシア、フィリピンのケース・スタディから-」『言語政策』2 日本言語政策学会 pp.21‐40

金子信子(2006)『外国人居住者による書き言葉使用場面参加のストラテジー-生活場面インタビューの事例より-』『多文化共生社会における言語管理-接触場面の言語管理研究 vol.4-』 千葉大学大学院社会文化科学研究科研究プロジェクト報告書 pp.13‐35

加藤好崇(2006)「接触場面における文体・話題の社会言語規範」『東海大学留学生教育センター 紀要』Vol.26 pp.1-17

加藤好崇(2006)「接触場面における規範の考察」『高見澤孟先生古希記念論文集』高見澤孟先生古希記念論集編集委員会 pp.48-58

加藤好崇(2006)「日本国内と中国国内における日本語接触場面の相違点」平成18年度日本語教育学会研修会(北海道大学) 平成17-19年度科学研究費補助(基盤研究C17520355)

菊地浩平(2006)「手話言語の言語管理研究へ向けて」『多文化共生社会における言語管理-接触場面の言語管理研究 vol.4-』 千葉大学大学院社会文化科学研究科研究プロジェクト報告書 pp.79-90

高民定(2006)「文法能力の規範についての一考察-接触場面の受身の生成を中心に-」『多文化共生社会における言語管理-接触場面の言語管理研究 vol.4-』 千葉大学大学院社会文化科学研究科研究プロジェクト報告書 pp.91-102

村岡英裕(2006)「接触場面における社会文化管理プロセス-異文化の中で暮らすとはどのようなことか-」国立国語研究所編『日本語教育の新たな文脈-学習環境、接触場面、コミュニケーションの多様性-』アルク pp.172-194

村岡英裕(2006)「接触場面における問題の類型」『多文化共生社会における言語管理-接触場面の言語管理研究 vol.4-』 千葉大学大学院社会文化科学研究科研究プロジェクト報告書 pp.103-116

村岡英裕(2006)「接触場面における話順交替時のポーズについて–中国人日本語話者と日本語母語話者の二者間会話に関する研究ノート」『千葉大学人文研究』No.35 千葉大学文学部 pp.173-197

Nekvapil, Jiří. (2006) From language planning to language management. Sociolinguistica 20. Walter de Gyuyter. pp.92-104.

Nekvapil, Jiří. & Nekula, Marek.(2006) On Language Management in Multinational Companies in the Czech Republic. Current Issues in Language Planning. 7(2)(3). Multilingual Matters & Channel View Publications. pp.307-327.

ネウストプニー,J.V.(2006)「チェコ共和国におけるポライトネス(上)距離、表現のレベル、管理、異文化接触の側面から」 『言語』 Vol.35, No.3 (通号 416) 大修館書店 pp.88-93

ネウストプニー,J.V.(2006)「チェコ共和国におけるポライトネス(中)距離、表現のレベル、管理、異文化接触の側面から」『言語』Vol.35, No.4 (通号 417) 大修館書店 pp.81-89

ネウストプニー,J.V.(2006)「特別記事 チェコ共和国におけるポライトネス(下)距離、表現のレベル、管理、異文化接触の側面から」『言語』Vol.35, No.5 (通号 418) 大修館書店 pp.88-91

ネウストプニー,J.V.(2006)「特別記事 言語学者が言語を失う時と取り戻す時」『言語』Vol.35, No.7 (通号 420) 大修館書店 pp.76-79

大場美和子(2006)「三者間グループ会話場面でのunaddressed recipientの役割-接触場面と母語場面における会話参加プロセスの分析-」『多文化共生社会における言語管理-接触場面の言語管理研究  vol.4-』 千葉大学大学院社会文化科学研究科研究プロジェクト報告書 pp.37-56

王玉明(2006)「接触場面における不一致応答-中国人学習者と日本語母語話者の相違-」『多文化共生社会における言語管理-接触場面の言語管理研究 vol.4-』 千葉大学大学院社会文化科学研究科研究プロジェクト報告書 pp.69-78

坂本真理(2006)「日本語学習者の文字コミュニケーション」『千葉大学日本文化論叢』第7号 千葉大学文学部日本文化学科

Sherman,Tamah(2006)Uncovering institutionally imposed norms through the interaction interview:Mormon missionaries in the Czech Republic 『多文化共生社会における言語管理-接触場面の言語管理研究 vol.4-』 千葉大学大学院社会文化科学研究科研究プロジェクト報告書 pp.1-12

武田加奈子(2006)『接触場面における勧誘談話管理』千葉大学大学院博士学位論文

<2007年>

薄井宏美(2007)「接触場面の参加者の役割から見る社会文化能力の習得:インターアクション場面のケーススタディから」『千葉大学日本文化論叢』No.8 千葉大学文学部日本文化学会 pp.76-(31)-59-(48)

金子信子(2007)「外国人居住者のリテラシー問題と言語管理―外国人相談所の相談事例の分析―」『言語政策』3号 日本言語政策学会 pp.82-96

林里香(2007)「接触場面における「聞き返し」調整計画についての一考察」『千葉大学人文社会科学研究』14号 千葉大学人文社会科学研究科 pp.98-111

Neustupný, J. V.(2007)「Kさんの日本語学習15年」『日本語教育』135号 日本語教育学会 pp.47-52

高民定(2007)「多言語話者のバラエティと言語管理」日本語教育学会春季大会予稿集 日本語教育学会 pp.318-320

石田由美子(2007)「多言語使用者と単言語使用者の言語管理」日本語教育学会春季大会予稿集 日本語教育学会 pp.323-325

ファン,S.K.(2007)「日本社会における多言語使用者の言語意識―ジャパン・リテラシーを中心に」日本語教育学会春季大会予稿集 日本語教育学会 pp.326-328

村岡英裕(2007)「多言語使用者の会話参加」,日本語教育学会春季大会予稿集 日本語教育学会 pp.320-323

武田加奈子(2007)「接触場面の観点による発話行為の研究へ向けて」村岡英裕[編]『接触場面と言語管理の学際的研究―接触場面の言語管理研究 Vol.5』人文社会科学研究科プロジェクト研究報告書第154集 千葉大学人文社会科学研究科 pp.1-12

武田加奈子(2007)「発話行為談話の調査・分析方法―勧誘談話を例に―」村岡英裕[編]『接触場面と言語管理の学際的研究―接触場面の言語管理研究 Vol.5』人文社会科学研究科プロジェクト研究報告書第154集 千葉大学人文社会科学研科 pp.13-36

菊地浩平(2007)「日本手話会話調査場面における調査協力者の調整行動」,村岡英裕[編]『接触場面と言語管理の学際的研究―接触場面の言語管理研究 Vol.5』人文社会科学研究科プロジェクト研究報告書第154集 千葉大学人文社会科学研究科 pp.53-66

Sherman, Tamah. (2007) Language Management on the Front Lines: A Report from Dunajská Streda Language Management Workshop– Dunajská Streda and Pláštovce, Slovakia – September 14-18, 2006.村岡英裕[編]『接触場面と言語管理の学際的研究―接触場面の言語管理研究 Vol.5』人文社会科学研究科プロジェクト研究報告書第154集 千葉大学人文社会科学研究科 pp.67-77.

<2008年>

中川康弘(2008)「第3者国環境に住む多言語使用者の調整行動とその規範:バンコクに滞在するベトナム人女性の事例から」『神田外語大学紀要』20号 神田外語大学 pp.185-206

根本浩行(2008)「接触場面における学術英語習得過程での規範の交渉」『言語文化論叢』金沢大学外国語教育研究センター pp.141-155

加藤好崇(2008)「日本語を媒介とした接触場面における規範の研究」平成17年度-平成19年度科学研究補助金(基盤研究C)研究成果報告書

石田由美子(2008)「単言語使用者の個人言語管理 : 多言語使用者の個人言語管理との比較から」『桜美林言語教育論叢』4 桜美林大学 pp.109-124

Incelli, Ersilia. (2008) Foreign Language Management in Lazio SMEs. Language Policy 7(2). Springer Netherlands. pp.99-129.

Nekvapil, Jirí. (2008) Language cultivation in developed contexts. The handbook of educational linguistics.(Blackwell handbooks in linguistics.). Malden Blackwell Publishing. pp.251-265.

林里香(2008)接触場面における聞き返しの言語管理,千葉大学大学院人文社会科学研究科 博士論文(未公刊) 千葉大学大学院人文社会科学研究科

王冰菁(2008)「会話における対称詞の言語管理-日本語母語話者と中国語母語話者の母語場面と接触場面の比較-」村岡英裕[編]『言語生成と言語管理の学際的研究―接触場面の言語管理研究Vol.6』人文社会科学研究科研究プロジェクト報告書(198) 千葉大学大学院人文社会科学研究科 pp.1-12

キム,キョンソン(2008)「韓国人超上級日本語話者の言語管理-事前調整を中心として-」村岡英裕[編]『言語生成と言語管理の学際的研究―接触場面の言語管理研究Vol.6』人文社会科学研究科研究プロジェクト報告書(198) 千葉大学大学院人文社会科学研究科 pp.13-27

タン,ミビン(2008)「研究ノート:日本におけるベトナム人居住者のインターアクション管理」村岡英裕[編]『言語生成と言語管理の学際的研究―接触場面の言語管理研究Vol.6』人文社会科学研究科研究プロジェクト報告書(198) 千葉大学大学院人文社会科学研究科 pp.53-58

高民定(2008)「接触場面における終助詞の言語管理―非母語話者の終助詞「ね」と「よ」の使用を中心に―」村岡英裕[編]『言語生成と言語管理の学際的研究―接触場面の言語管理研究Vol.6』人文社会科学研究科研究プロジェクト報告書(198) 千葉大学大学院人文社会科学研究科 pp.97-112

村岡英裕(2008)「接触場面における多言語使用者のfootingについて」村岡英裕[編]『言語生成と言語管理の学際的研究―接触場面の言語管理研究Vol.6』人文社会科学研究科研究プロジェクト報告書(198) 千葉大学大学院人文社会科学研究科 pp.113-129

<2009年>

FAN, Sau Kuen. (2009) Language Planning or Language Management: Treatment of Problems for the Development of “Japanese in Context”.『異文化コミュニケーション研究』第21号 神田外語大学異文化コミュニケーション研究所 pp.7-35

ファン・サウクエン (2009) 「「インターアクションのための日本語教育―実践日本語の理論と実際―」序 接触場面とインターアクションに基づいた日本語教育の試み」『異文化コミュニケーション』研究第21号 神田外語大学異文化コミュニケーション研究所 pp.1-5

林里香(2009)「聞き返しのストラテジーと問題解決―日本語非母語話者による調整計画段階の機能と表現形式の選択―」村岡英裕[編]『多文化接触場面の言語行動と言語管理―接触場面の言語管理研究Vol.7』人文社会科学研究科プロジェクト報告書(218) 千葉大学大学院人文社会科学研究科 pp.1-18

石田由美子(2009)「多言語使用者の言語管理を考える―多言語社会の言語選択の例から―」村岡英裕[編]『多文化接触場面の言語行動と言語管理―接触場面の言語管理研究Vol.7』人文社会科学研究科プロジェクト報告書(218) 千葉大学大学院人文社会科学研究科 pp.19-32

加藤好崇(2009)「接触場面における規範の動態性に関する研究―日本語教育の視点から―」『東海大学紀要 留学生教育センター』29 東海大学

金子信子(2009)「国際化施策における書き言葉の管理」第11回日本言語政策学大会(移民社会と言語政策)予稿集 日本言語政策学会 pp.20-22

金子信子(2009)『接触場面における書き言葉問題の言語管理』千葉大学大学院人文社会科学研究科 博士論文(未公刊) 千葉大学大学院人文社会科学研究科

金子信子(2009)「インタビュー調査にみる外国人居住者の書き言葉使用問題」社会言語科学会第24回大会発表論文集 社会言語科学会 pp.236-239

高民定・村岡英裕(2009)「日本に住む中国朝鮮族の多言語使用の管理―コードスイッチングにおける留意された逸脱の分析―」,『言語政策』5号 日本言語政策学会 pp.43-60

村上律子(2009)「日本語学習者の家庭訪問アクティビティーにおける日本人ホストの会話参加調整―話題管理を中心に―」,『異文化コミュニケーション研究』第21号 神田外語大学異文化コミュニケーション研究所 pp.99-119

J.V.ネウストプニー (2009) 「特別掲載論文 二十一世紀に向けての言語政策の理論と実践」 田中慎也,木村哲也,宮崎里司編『移民時代の言語教育』ココ出版

大場美和子(2009)「教室活動における日本人学部生と留学生の問題と調整の違い–接触場面のディスカッションに対する評価の分析」 『広島女学院大学国語国文学誌』39 広島女学院大学日本文学会 pp.1-17

東條友美(2009)「日本語学習者の勧誘談話行動」村岡英裕[編]『多文化接触場面の言語行動と言語管理―接触場面の言語管理研究Vol.7』人文社会科学研究科プロジェクト報告書(218) 千葉大学大学院人文社会科学研究科

<2009年>

大場美和子(2009)「教室活動における日本人学部生と留学生の問題と調整の違い-接触場面のディスカッションに対する評価の分析-」『国語国文学誌』39広島女学院大学文学部日本語日本文学研究室 pp.1-17

櫻井勇介(2009)「理工系日本留学課程で学ぶマレーシア人学生の学習管理過程-言語管理理論の援用による分析-」『留学生教育』14 留学生教育学会 pp.73-81

<2010年>

ファン,サウクエン(2010)「異文化接触-接触場面と言語」『言語と社会・教育 言語の可能性』8 朝倉書店 pp.75-99

石田由美子(2010)「個人と政策・談話とのつながりを考える-個人レベルの言語管理を中心にして-」『接触場面の変容と言語管理-接触場面の言語管理研究vol.8』  千葉大学大学院人文社会科学研究科研究プロジェクト報告書第228集 千葉大学大学院人文社会科学研究科  pp.25-33

Jernudd, B.H. (2010). Review of Language Management, by Bernard Spolsky, Cambridge, Cambridge University Press, 2009. Current Issues in Language Planning, 11(1), 83-89.

木村護郎クリストフ(2010)「日本における「言語権」の受容と展開」『社会言語科学 特集:日本社会の変容と言語問題』13(1) 社会言語科学会 pp.4-18

高民定(2010)「接触場面の変容と研究方法の可能性を探って-韓国人が参加する接触場面の例を中心に-」『接触場面の変容と言語管理-接触場面の言語管理研究vol.8』  千葉大学大学院人文社会科学研究科研究プロジェクト報告書第228集 千葉大学大学院人文社会科学研究科 pp.35-45

村岡英裕(2010)「接触場面におけるコミュニケーション-日本に住む外国人の言語管理を通してみた言語問題の所在-」『日本語学 特集:言語接触の世界』29(14)明治書院 pp.153-169

村岡英裕(2010)「接触場面における習慣化された言語管理はどのように記述されるべきか: 類型論的アプロ-チについて-」『接触場面の変容と言語管理-接触場面の言語管理研究vol.8』 千葉大学大学院人文社会科学研究科研究プロジェクト報告書第228集 千葉大学大学院人文社会科学研究科 pp.47-59

Sherman, T., Carl, J., Engelhardt, O., Balogh, E. & Balla, Á. T. (2010). The interaction of language schools and multinational companies in the management of multilingual practices. European Journal of Language Policy, 2 (2), 229–250.

Sloboda, M., Szabó-Gilinger, E., Vigers, D., & Šimičić, L. (2010). Carrying out a language policy change: Advocacy coalitions and the management of linguistic landscape. Current Issues in Language Planning, 11 (2), 95–113.

Vasiljev, I. (2010).  Review of Nekvapil, Jiří; Sherman, Tamah (eds). Language Management in Contact Situations. Perspectives from Three Continents. Frankfurt am Main: Peter Lang 2009. 257 p. Oriental Archive / Archiv orientální, 78, 457- 460.

王冰菁(2010)「接触場面における中国人日本語非母語話者の人称詞の選択-社会的・心理的要因の分析-」『接触場面の変容と言語管理-接触場面の言語管理研究vol.8』千葉大学大学院人文社会科学研究科研究プロジェクト報告書第228集千葉大学大学院人文社会科学研究科 pp.79-94

<2011年>

Engelhardt, O. (2011). Management of multilingualism in multinational companies of German origin in the Czech Republic. In G. Garzone & Gotti, M. (eds), Discourse, Communication and the Enterprise: Genres and Trends. Bern: Peter Lang, 111-129.

ファン,サウクエン(2011)「第三者言語接触場面と日本語教育の可能性」『日本語教育 特集:関連領域の動向と日本語教育』150 日本語教育学会pp.42-55

金子信子(2011)「外国人住民の書き言葉の受容問題-生活インタビューによる事例の考察-」『社会言語科学』13(2) 社会言語科学会 pp.32-45

Kimura, G. Ch. (2011). The role of language ideology in norm negotiation. Paper presented at the 2nd International Language Management Symposium “Norm diversity and language management in globalized settings”, Tokyo: Waseda University, October 1–2, 2011.

木村護郎クリストフ(2011)「私たちはどのように言語を管理するのか」『言語意識と社会-ドイツの視点・日本の視点-』三元社 pp.61-89

今千春(2011)「日本の韓国人居住者の外来性管理-通時的・共時的分析の試み-」『接触場面・参加者・相互行為—接触場面の言語管理研究vol.9』 千葉大学大学院人文社会科学研究科研究プロジェクト報告書第238集 千葉大学大学院人文社会科学研究科 pp.51-67

Mwaniki, M. (2011). Language management in Africa: The dialectics of theory and practice.Southern African Linguistics and Applied Language Studies, 29 (3), 243–257.

Nekvapil, J. (2011). The history and theory of language planning. In Eli Hinkel (ed.), Handbook of Research in Second Language Teaching and Learning. Volume II. New York & London: Routledge, 871-887.

박양순(2011)「한중일 간 커뮤니케이션에 있어서의 개인적 차원의 언어관리」『日本研究』31 中央大学校日本研究所 pp.51-69

竹内明弘(2011)「二言語使用者の言語管理形成の記述の試み」『接触場面・参加者・相互行為-接触場面の言語管理研究vol.9』 千葉大学大学院人文社会科学研究科研究プロジェクト報告書第238集 千葉大学大学院人文社会科学研究科 pp.17-25

王冰菁(2011)「日中接触場面における人称表現の選択に関与する社会的・心理的要因」『接触場面・参加者・相互行為—接触場面の言語管理研究vol.9』 千葉大学大学院人文社会科学研究科研究プロジェクト報告書第238集 千葉大学大学院人文社会科学研究科 pp.87-102

楊昉(2011)「中国語母語話者の不一致応答の分析-日本語母語話者に留意された逸脱の視点から-」『接触場面・参加者・相互行為-接触場面の言語管理研究vol.9』 千葉大学大学院人文社会科学研究科研究プロジェクト報告書第238集千葉大学大学院人文社会科学研究科pp.69-86

鄒暁依(2011)「日本の中国人長期滞在者の言語問題の展望-接触場面における外来性をめぐって-」『接触場面・参加者・相互行為-接触場面の言語管理研究vol.9』 千葉大学大学院人文社会科学研究科研究プロジェクト報告書第238集千葉大学大学院人文社会科学研究科pp.117-124

<2012年>

Fairbrother, L. & Masuda, Y. (2012). Simple management in contact situations: What factors determine whether a deviation will be noted or not?  Journal of Asian Pacific Communication, 22(2), 213-231.

加藤好崇(2012)「言語管理理論における管理プロセス再考-規範の動態性,管理プロセスの循環性と非共有性,及びミクロとマクロの往還-」『東海大学紀要 国際教育センタ-』2 東海大学国際教育センタ- pp.1-18

木村護郎クリストフ(2012)「接触場面における言語管理-3大陸からの展望-」『社会言語科学』14(2) 社会言語科学会 pp.45-50

今千春(2012)「韓国人居住者の接触場面に向かう言語管理-言語バイオグラフィーからの記述の試み-」『外来性に関わる通時性と共時性—接触場面の言語管理研究vol.10』 千葉大学大学院人文社会科学研究科研究プロジェクト報告書第248集 千葉大学大学院人文社会科学研究科 pp.49-67

Kurata, N. (2012). Noting and other language management processes of a learner of Japanese in his bilingual social networks. Journal of Asian Pacific Communication, 22 (2), 232-248.

Lanstyák, I. (2012). Jazykové problémy a jazykové ideológie týkajúce sa viacjazyčnosti a jazykových kontaktov [Language problems and language ideologies concerning multilingualism and language contact]. In P. Stankowska, M. Wtorkowska & J. Pallay (eds), Individualna in kolektivna dvojezičnost. Ljubljana: Univerza v Ljubljani, Filozofska fakulteta, 11-24.

Marriott, H. & Nekvapil, J. (2012). An introduction: “Noting” in the language management approach. Journal of Asian Pacific Communication, 22 (2), 155-159.

Marriott, H. & Nekvapil, J. (eds.) (2012). Language Management Approach: Probing the Concept of “Noting”. Special issue of Journal of Asian Pacific Communication, 22 (2).

Marriott, H. (2012). Language management in intercultural business networks: Investigating the process of noting. Journal of Asian Pacific Communication, 22 (2), 195-212.

松沼理恵(2012)「メディア接触における日本語学習者の言語管理-留意と評価を中心に-」『外来性に関わる通時性と共時性—接触場面の言語管理研究vol.10』 千葉大学大学院人文社会科学研究科研究プロジェクト報告書第248集 千葉大学大学院人文社会科学研究科 pp.139-156

Nekvapil, J. (2012). From language planning to language management: J. V. Neustupný’s heritage.  Media Komyunikeshon kenkyu / Media and Communication Studies, 63. Sapporo: Hokkaido University, Research Faculty of Media and Communication, 5–21.

Nekvapil, J. (2012). Some thoughts on “noting” in Language Management Theory and beyond.Journal of Asian Pacific Communication, 22 (2), 160-173.

Nemoto, H. (2012). Noting and evaluating contact between Japanese and Australian academic cultures. Journal of Asian Pacific Communication, 22 (2), 294-270.

Neustupný, J. V. (2012) Theory and practice in language management. Journal of Asian Pacific Communication, 22 (2), 295-301.

Pasfield-Neofitou, S. E. (2012). Learners’ language management in internet-based communication with Japanese peers. Journal of Asian Pacific Communication, 22 (2), 271-293.

Sherman, T. (2012). Noting as revealed by “checking” in second language interactions: A simple (yet organized) management strategy. Journal of Asian Pacific Communication, 22 (2), 174-194.

王冰菁(2012)「接触場面における日本語人称表現に関する言語管理」『外来性に関わる通時性と共時性—接触場面の言語管理研究vol.10』 千葉大学大学院人文社会科学研究科研究プロジェクト報告書第248集 千葉大学大学院人文社会科学研究科 pp.31-48

楊昉(2012)「中国語母語話者の不一致応答の言語管理・生成プロセスのモデル-日中接触場面の事例からの一考察-」『外来性に関わる通時性と共時性-接触場面の言語管理研究vol.10』 千葉大学大学院人文社会科学研究科研究プロジェクト報告書第248集 千葉大学大学院人文社会科学研究科 pp.89-106

<2013年>

Kimura, G. C. (2013). Review of Nekvapil, J. and T. Sherman (eds.) Language Management in Contact Situations: Perspectives from Three Continents. Frankfurt am Main, Berlin, Bern, Bruxelles, New York, Oxford, Wien:  Peter Lang, 2009. Linguistica Pragensia, 23(1),  69-74.

高民定(2013)「言語教育における評価研究の課題と展望-接触場面における当事者評価と言語管理観点からの考察-」『人文社会科学研究』27号 千葉大学大学院人文社会科学研究科 pp.180-191

猿橋順子(2013)「エスニックビジネス経営者の言語管理とエンパワメント-高田馬場界隈のビルマレストランを事例として-」『青山国際政経論』89号 青山学院大学国際政治経済学会 pp.99-125

Sloboda, M. & Nábělková, M. (2013). Receptive multilingualism in ‘monolingual’ media: managing the presence of Slovak on Czech websites. International Journal of Multilingualism, 10 (2), 196-213.

鄒暁依(2013)「接触場面に向かう外来性管理-中国人居住者の移動のライフストーリーに関する事例研究-」『人文社会科学研究』27号 千葉大学大学院人文社会科学研究科 pp.54-70

<2014年>

Dovalil, V. (2014). Language management theory as a basis for the dynamic concept of EU language law. Current Issues in Language Planning, First published online, DOI: 10.1080/14664208.2014.979678.

Kimura, G. C. (2014). Language management as a cyclical process: A case study on prohibiting Sorbian in the workplace. Slovo a slovesnost, 75 (4), 255-270.

Kopecký,J.(2014).Přechylování příjmení v čestině jako případ jazykového management[Derivation of feminine surnames in Czech as a case of language management]. Slovo a slovesnost, 75 (4), 271-293.

高民定(2014)「日本の韓国人移民の言語習慣に向かう評価-語りに見られる言語習慣の通時的管理との関わりから-」『接触場面における言語使用と言語態度-接触場面の言語管理研究vol.11』 千葉大学大学院人文社会科学研究科研究プロジェクト報告書第278集 千葉大学大学院人文社会科学研究科 pp.131-144

Lanstyák, I. (2014). On the process of language problem management. Slovo a slovesnost, 75 (4), 325-351.

ネクヴァピル,J.(2014)「言語計画から言語管理へ:J.V. ネウストプニーの継承」(「海外主要都市における日本語人の言語行動」共同プロジェクト訳、木村護郎クリストフ監訳)『言語政策』10 pp.129-148

Nekvapil, J. & Sherman, T. (2014). Jazykový management a teorie jazykového managementu: úvodní poznámky [Language management and Language Management Theory]. Slovo a slovesnost, 75 (4), 245-254.

Nekvapil, J. & Sherman, T. (eds.) (2014). Jazykový management / Language Management. Special Issue of Slovo a slovesnost, 75 (4).

Nekvapil, J. (2014). Gengokeikaku kara gengokanri e – J. V. Neusutopuni no keishou.Gengoseisaku / Language Policy, 10, 129-148. ISSN 1880-0866. [a Japanese version of Nekvapil 2012]

リサ,フェアブラザー・相川弥子(2014)「言語管理からみた「評価」」『接触場面における言語使用と言語態度-接触場面の言語管理研究vol.11』 千葉大学大学院人文社会科学研究科研究プロジェクト報告書第278集 千葉大学大学院人文社会科学研究科 pp.117-129

Sanden, G. R. (2014). Language management × 3: A theory, a sub-concept, and a business strategy tool. Applied Linguistics. First published online: September 18, 2014.

Sherman, T. & Homoláč, J. (2014). Management summaries and the follow-up interview in language biography research. Slovo a slovesnost, 75 (4), 294-324.

Sherman, T. & Švelch, J. (2014). “Grammar Nazis never sleep“: Facebook humor and the management of standard written language. Language Policy. Published online: 05 December 2014.

Zawiszová, H. (2014). Review of Hidehiro Muraoka (ed.): Sesshoku Bamen ni okeru Gengo Shiyō to Gengo Taido / Language Use and Language Attitude in Contact Situations. Slovo a slovesnost, 75 (4), 352-357.

鄒暁依(2014)「接触場面における動詞語彙の使用及び管理のバリエーション-中国人居住者の事例から-」『接触場面における言語使用と言語態度-接触場面の言語管理研究vol.11』 千葉大学大学院人文社会科学研究科研究プロジェクト報告書第278集 千葉大学大学院人文社会科学研究科 pp.1-19

<2015年>

Chiu, A. & Jernudd. B.H. (2015). Chinese IT terminology management in Hong Kong. International Journal of the Sociology of Language, 232, 79-101.

Dovalil, V. (2015). The German Standard Variety at Czech Universities in the Light of Decision-making Processes of Language Management. In Davies, W.V. & E. Ziegler (eds.), Language Planning and Microlinguistics. Basingstoke: Palgrave Macmillan, 83-102.

Fairbrother, L. (2015).  Report: The Society of Language Management. International Journal of the Sociology of Language, 232, 177-180.

Fairbrother, L. (2015).  The management of language and power in intercultural contact situations in Japan. International Journal of the Sociology of Language, 232, 59-78.

Fairbrother, L. (2015). Language Management in the Japanese Workplace. In Davies, W.V. & E. Ziegler (eds.),  Language Planning and Microlinguistics. Basingstoke: Palgrave Macmillan, 186-203.

Fan, S. K. (2015). Accustomed language management in contact situations between Cantonese speaking Hong Kong employers and their Filipino domestic helpers: A focus on norm selection. Slovo a slovesnost, 76 (2), 83-106.

Jernudd, B. H. (2015). Language management in the regional conflicts in the Sudans. International Journal of the Sociology of Language, 232, 121-141.

Kimura, G. Ch. (2015). Review of Erzsébet Bárat, Patrick Studer and Jiří Nekvapil (Eds), Ideological conceptualizations of language: Discourses of linguistic diversity. Frankfurt am Main, Bern, Bruxelles, New York, Oxford, Warszawa, Wien: Peter Lang, 2013. Linguistica Pragensia, 25(2), 179-183.

木村護郎クリストフ(2015)「言語管理理論における研究者の位置づけ-ヨ-ロッパ統合に関する調査事例から-」『接触場面における相互行為の蓄積と評価-接触場面の言語管理研究vol.12』 千葉大学大学院人文社会科学研究科研究プロジェクト報告書第292集 千葉大学大学院人文社会科学研究科 pp.87-96

高民定・村岡英裕(2015)「日本の外国人居住者のコミュニケーションの実態調査の中間報告」『接触場面における相互行為の蓄積と評価-接触場面の言語管理研究vol.12』 千葉大学大学院人文社会科学研究科研究プロジェクト報告書第292集 千葉大学大学院人文社会科学研究科 pp.125-145

Marriott, H. (2015). The management of academic discourse acquisition. International Journal of the Sociology of Language, 232, 103-119.

ミラー成三(2015)「相互行為におけるアイデンティティの管理-語られるアイデンティティと演じられるアイデンティティの分析-」『接触場面における相互行為の蓄積と評価-接触場面の言語管理研究vol.12』 千葉大学大学院人文社会科学研究科研究プロジェクト報告書第292集 千葉大学大学院人文社会科学研究科 pp.1-14

村上律子(2015)「学部留学生の社会参画の過程における言語管理-アルバイト場面でのインターアクションを中心に-」『接触場面における相互行為の蓄積と評価-接触場面の言語管理研究vol.12』 千葉大学大学院人文社会科学研究科研究プロジェクト報告書第292集 千葉大学大学院人文社会科学研究科 pp.45-54

Nekvapil, J. & Sherman, T. (2015). An introduction: Language Management Theory in Language Policy and Planning. International Journal of the Sociology of Language, 232, 1-12.

Nekvapil, J. & Sherman, T. (eds.) (2015). Special Issue: The Language Management Approach: Perspectives on the Interplay of Bottom-Up and Top-Down. International Journal of the Sociology of Language, 232.

Rothe, A. & Wagner, K. (2015). Bilingual kindergarten programmes: the interaction of language management and language attitudes. In Davies, W. V. & E. Ziegler (eds.), Language Planning and Microlinguistics. Basingstoke: Palgrave Macmillan, 15-38.

Sherman, T. (2015). Behaving toward language in the Mormon mission: the Czech case. International Journal of the Sociology of Language, 232, 33-57.

Švelch, J. (2015). Excuse my poor English: language management in English-language online discussion forums. International Journal of the Sociology of Language, 232, 143-175.

喬曉筠(2015)「台湾人日本語学習者のビジネス会話に見られる特徴―日本語母語話者の評価から―」『一橋大学国際教育センター紀要』6 一橋大学 pp.3-16

鄒暁依(2015)「長期滞在中国人の言語レパートリーの研究 : 接触場面会話における動詞使用と言語管理を中心に」千葉大学大学院人文社会科学研究科 博士後期課程学位論文

<2016年>

アキバリ・フーリエ(2016)「日本語接触場面におけるペルシア語話者の儀礼的な言語行動の管理 : 第三者視点による評価を参考に」『グローバル・コ ミュニケーション研究』4 神田外語大学グローバル・コミュニケーション研究所 pp.111-139

石田由美子(2016)「多言語使用者の言語管理を考える:多言語社会であるマレーシアでの言語選択の例から」『日本語教育学研究7 接触場面の言語学ー母語話者・非母語話者から多言語話者へー』ココ出版 pp.263-288

加藤好崇(2016)「移民の言語リソースにおける管理とその変容 : 二人の中国人移民のケーススタディ」『グローバル・コミュニケーション研究』4  神田外国語大学グローバル・コミュニケーション研究所 pp.61-86

キム・キョンソン(2016)「韓国人超上級日本語話者の言語管理:事前調整を中心として」『日本語教育学研究7 接触場面の言語学ー母語話者・非母語話者から多言語話者へー』ココ出版 pp.241-260

高民定(2016)「接触場面における言語問題と問題分析」『日本語教育学研究7 接触場面の言語学ー母語話者・非母語話者から多言語話者へー』 ココ出版 pp.19-36

高民定(2016)「「参加者」の視点から考える「接触場面の変容」と言語管理:日本の韓国人居住者の接触場面の参加に関するケーススタディー」『日本語教育学研究7 接触場面の言語学ー母語話者・非母語話者から多言語話者へー』ココ出版 pp.317-338

高民定(2016)「日本の外国人移住者の言語環境と言語管理 : 言語バイオグラフィーの通時的・共時的語りの分析から」『グローバル・コミュニケーション研究』4 神田外語大学グローバル・コミュニケーション研究所 pp.169-196

サウクエン・ファン(2016)「非母語話者同士の日本語会話における言語問題」『日本語教育学研究7 接触場面の言語学ー母語話者・非母語話者から多言語話者へー』ココ出版 pp.131-156

Sherman,T.(2016).Language management and Language Management Theory [LMT]. In A. Linn (ed.),Investigating English in Europe: Contexts and Agendas.Berlin, Boston: De Gruyter Mouton,192-199.

鄒暁依(2016)「外国人居住者の言語レパートリーに関する研究の概観と展望―言語管理の視点からの考察―」『相互行為における接触場面の構築—接触場面の言語管理研究 vol.13—』千葉大学大学院人文社会科学研究科研究プロジェクト報告書307集 千葉大学大学院人文社会科学研究科 pp.1-17

孫美那(2016)「留学生支援場面におけるコミュニケーション行動に対する参加者の相互評価:インタレストが評価に関係する事例について」『相互行為における接触場面の構築—接触場面の言語管理研究 vol.13—』千葉大学大学院人文社会科学研究科研究プロジェクト報告書307集 千葉大学大学院人文社会科学研究科 pp.51-71

Nekvapil,J.(2016).Language Management Theory as one approach in Language Policy and Planning.Current Issues in Language Planning,17(1),11-22.

ファン・サウクエン(2016)「序説:グローバリゼーションの段階と移民の言語管理」『グローバル・コミュニケーション研究』4 神田外国語大学グローバル・コミュニケーション研究所 pp.1-4

ファン・サウクエン(2016)「多文化社会への移住による広東語話者の言語管理:三世代のオーストラリア香港系移民の事例からの一考察」『グローバル・コミュニケーション研究』4  神田外国語大学グローバル・コミュニケーション研究所 pp.5-32

村岡英裕(2016)「接触場面研究のパラダイム」『日本語教育学研究7 接触場面の言語学ー母語話者・非母語話者から多言語話者へー』ココ出版 pp.3-18

村岡英裕(2016)「接触場面に向かう言語管理:多言語使用者の会話におけるfootingと言語バイオグラフィーによる分析」『日本語教育学研究7 接触場面の言語学ー母語話者・非母語話者から多言語話者へー』ココ出版 pp.339-364

村岡英裕(2016)「言語使用の評価を通してみる習慣化された言語管理の軌道:言語学的エスノグラフィーと接触場面研究の親近性をめぐって」『グローバル・コミュニケーション研究』4  神田外語大学グローバル・コミュニケーション研究所 pp.141-168

吉田千春(2016)「チューター場面における言語管理:チューターの言語管理プロセスを中心に」『日本語教育学研究7 接触場面の言語学ー母語話者・非母語話者から多言語話者へー』ココ出版 pp.111-130

<2017年>

アキバリ・フーリエ(2017)「ペルシア語母語話者と日本語母語話者の儀礼的な接触場面での言語管理 : 儀礼的な役割をもつ発話機能の比較から」『接触場面における儀礼的相互行為-接触場面の言語管理研究vol.14』千葉大学大学院人文社会科学研究科研究プロジェクト報告書第309集 千葉大学大学院人文社会科学研究科 pp.1-20

Kimura, G. Ch. (2017). The role of language ideology in norm negotiation. Working Papers in Language Management, 2.

ネクヴァピル,J.(2017)「チェコの多国籍企業の言語使用と言語管理:言語機能の観点から」平高史也・木村護郎クリストフ共編『多言語主義社会に向けて』くろしお出版 pp.207-219

村岡英裕(2017)「移動する人々の言語レパートリーに関する研究ノート―日本語の自己評価の語りはどのように構築されているのか―」『接触場面における儀礼的相互行為-接触場面の言語管理研究vol.14-』千葉大学大学院人文社会科学研究科研究プロジェクト報告書第309集 千葉大学大学院人文社会科学研究科 pp.62-82

孫美那(2017)「日本語支援場面における留学生参加者の評価とインタレスト」『接触場面における儀礼的相互行為-接触場面の言語管理研究vol.14』千葉大学大学院人文社会科学研究科研究プロジェクト報告書第309集 千葉大学大学院人文社会科学研究科 pp.41-61

高橋絹子・木村護郎クリストフ(2017)「だれがいつどこで何のために通訳を使うのか:日英ビジネス通訳の事例から」『通訳翻訳研究への招待』17 日本通訳翻訳学会 pp.1-19

<2017年度2018年刊行>

村岡英裕(2018)「移動する人々の言語レパートリーと言語的アイデンティティに関する研究ノート—豪州在住日本人の事例—」『移動する人々のアイデンティティと言語使用—接触場面の言語管理研究vol.15—』千葉大学大学院人文公共学府プロジェクト報告書第334集 千葉大学大学院人文公共学府 pp.74-88

高民定(2018)「オーストラリアにおける韓国人移民の言語レパートリーと言語管理」『移動する人々のアイデンティティと言語使用—接触場面の言語管理研究vol.15—』千葉大学大学院人文公共学府プロジェクト報告書第334集 千葉大学大学院人文公共学府 pp.45-66

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中