注目

更新のお知らせ

 

広告

2017年度 言語管理研究会「接触場面と言語管理」分科会開催のお知らせ

2017年度 言語管理研究会「接触場面と言語管理」分科会開催のお知らせ

昨年度から3つの分科会によって進められることになった言語管理研究会ですが、今年度第3回目は「接触場面と言語管理部会」の分科会を下記のとおり開催いたします。皆さまお誘い合わせの上、ぜひご参加ください。

日時:2018年3月3日(土)14:00-16:30
場所:神田外語学院 3号館4階 3-401教室
アクセス:http://www.kandagaigo.ac.jp/kifl/access/

    • 参加費:無料
    • 参加申込み:資料準備等の関係上、参加希望の方はできるだけ事務局までお申し込みください。お問い合わせもこちらにお願いいたします。(事務局 slm.gengokanri@gmail.com
    • 参加申込み締切:2月28日(水)※当日受付もいたします。

テーマ:多様化する社会の接触場面研究の新たな課題を考える

趣旨:近年、日本では多様な言語背景をもつ外国人居住者が増えてきており、接触場面における参加者の言語使用や、言語問題をめぐる言語管理も多様化しています。本分科会では多様化する接触場面参加者の言語使用や、母語場面での多様な言語管理の事例から接触場面研究を再考し、今後の課題を考えます。

13:30-    開場(受付開始)

14:00-14:05 開会の挨拶
司会 福永由佳(国立国語研究所)

14:05-14:55 講演1
「外国語使用の多様化から接触場面研究の行方を考える」
・・・・・・サウクエン・ファン氏(神田外語大学)

要旨:外来性による言語問題を扱う接触場面の研究は1970年代からオーストラリアで展開され、以来、日本でもさまざまな分野で成果が蓄積されてきた。本発表は、まずいくつかの関連概念を整理しながら、外国語教育の流れの中における接触場面研究の位置付けを確認する。そのあとは、ますます多様化していく外国語使用の観点からこれからの接触場面研究の可能性を考えたいと思う。

14:55-15:35 講演2
「コミュニティの異なる母語場面参加者の調整行動:言語管理の多様性に係る序論的研究として」
・・・・・・中川康弘氏(中央大学)

要旨:本発表では、接触場面での言語使用をみる枠組みの一つであるコミュニティに着目する。異なる母語コミュニティに属する者が交わる日常の母語場面で、各々にどのような管理がみられるか。オーストラリアでの多言語使用者の事例を示し、継承語教育の「多様な」母語の扱いに触れつつ、母語コミュニティが言語規範に与える影響について考察を試みる。そして本発表を、母語話者の多様性の検討に向かう言語管理の序論的研究と位置付ける。

15:35-15:50 休憩

15:50-16:25 全体ディスカッション
司会 栁田直美(一橋大学)

16:25-16:30 閉会

言語管理研究会HP:https://lmtjapan.wordpress.com/

2017年度 言語管理研究会「言語政策と言語管理」分科会開催のお知らせ

2017年度 言語管理研究会「言語政策と言語管理」分科会開催のお知らせ

言語管理研究会では今年度第2回目の「言語政策と言語管理部会」の分科会を下記のとおり開催いたします。皆さまお誘い合わせの上、ぜひご参加ください。

日時:2017年12月9日(土)15時~17時
会場:上智大学四谷キャンパス 中央図書館8階L-821号室
※図書館入口で、8階の研究会参加です、と言えば中に入れます。
アクセス:http://www.sophia.ac.jp/jpn/top/info/access

    • 参加費:無料
    • 参加申込み:資料準備等の関係上、参加希望の方はできるだけ事務局までお申し込みください。お問い合わせもこちらにお願いいたします。(事務局 slm.gengokanri@gmail.com
    • 参加申込み締切:12月6日(水) ※当日受付もいたします。

分科会テーマ:
「社内公用語としての英語をめぐって―外資系企業における言語管理プロセス」

内容:
企業の英語化が注目されている一方で、社内コミュニケーションの実証的な研究はことのほか少ない。
本研究は英語を社内公用語と位置づける企業の会議を事例として、会議内の言語管理プロセスを抽出し分析する。
その知見をもとに、組織の言語管理を論じることとする。

報告者: 薗田浩樹(青山学院大学大学院修士課程)
指定討論者: 上村圭介(大東文化大学)

言語管理研究会HP:https://lmtjapan.wordpress.com/

2017年度 言語管理研究会「言語教育と言語管理」分科会開催のお知らせ

slm170902
※ポスターはこちらからダウンロードできます。

2017年度 言語管理研究会「言語教育と言語管理」分科会開催のお知らせ

昨年度から3つの分科会によって進められることになった言語管理研究会ですが、今年度第1回目は「言語教育と言語管理部会」の分科会を下記のとおり開催いたします。皆さまお誘い合わせの上、ぜひご参加ください。

日時:2017年9月2日(土)14:00-16:00
場所:東海大学高輪校舎4号館3階4305教室(品川駅近く)
アクセス:http://www.u-tokai.ac.jp/info/traffic_map/shared/pdf/takanawa_campus.pdf

    • 参加費:無料
    • 参加申込み:資料準備等の関係上、参加希望の方はできるだけ事務局までお申し込みください。お問い合わせもこちらにお願いいたします。(事務局 slm.gengokanri@gmail.com
    • 参加申込み締切:8月30日(水)※当日受付もいたします。

テーマ:留学生とインターアクション能力

趣旨:故ネウストプニー先生はインターアクションのための日本語教育を、ジャパン・リテラシー1,2,3と三分類しました。本分科会ではジャパン・リテラシー3に分類される留学生に対する日本語教育について考えます。

13:30-    開場(受付開始)

14:00-14:10 開会の挨拶
司会 加藤好崇氏(東海大学)

14:10-14:40 講演1
「ケース教材を用いた日本語教育実践とインターアクション能力」
・・・・・・・・・・・・宮﨑七湖氏(新潟県立大学)

要旨:講演者は、問題発見解決能力の育成を目指し、ケース教材を用いた留学生への日本語教育を行ってきました。ケース教材というのは、問題発生の状況が当事者の視点で書かれた教材です。このような授業では、参加者はケースに書かれた問題の原因は何であるのか、どうすれば問題を解決できるのかを話し合います。ケース教材を用いた日本語教育実践が目標とすることは、留学生が日本社会において問題を解決しながら、それぞれの留学の目的や目標を達成していくという点において、インターアクション能力 (ネウストプニー, 1995)の育成であると言えるでしょう。では、留学生は話し合いの活動を通してどのようにインターアクション能力を身につけることができるのでしょうか。講演では、ケース教材や日本語教育実践を紹介し、参加者のみなさんの体験も交えながら、この問題についてお話ししたいと思います。

14:40-15:00 講演2
「留学生のキャリア形成とインターアクション能力」
・・・・・・・・・・・・中井陽子氏(東京外国語大学)

要旨:日本の大学で学んだ後、日本の企業に就職してグローバル人材として活躍する留学生が増えています。留学生が「日本留学-就職」というキャリア形成を行っていく際、様々な課題や困難を乗り越えていかなければなりません。こうした過程で、どのようなインターアクション能力が必要とされるのでしょうか。本講演では、留学生のキャリア形成の過程とそこで発揮されるインターアクション能力の関係について考えたいと思います。

15:00-15:15 休憩

15:15-16:00 パネルディスカッション
登壇者 宮﨑七湖氏(同上)
中井陽子氏(同上)
中山由佳氏(早稲田大学)
司会  竹内明弘氏(国際大学)

本パネルでは、留学生自らが問題に気づき、解決できるような能力の習得を独自のアプローチで研究・実践されている宮﨑七湖氏と中井陽子氏をパネリストに迎え、留学生へのインターアクション能力の養成について、参加される方々と共に考察を深めていきたいと考えています。

言語管理研究会HP:https://lmtjapan.wordpress.com/

2017年度 研究会活動予定

2017年度言語管理研究会活動スケジュール

2017年度は3回の部会・全体ワークショップの開催を予定しています。
詳細は各回開催日が近づきましたら改めてご案内いたします。
みなさまお誘い合わせの上、ぜひご参加ください。

第1回「言語教育と言語管理」分科会

日時:2017年9月2日 (土)
会場:東海大学高輪校舎
テーマ:「留学生のジャパン・リテラシーを考える」(仮)
講演者:宮﨑七湖氏 (新潟県立大学)、中井陽子氏 (東京外国語大学)

第2回「言語政策と言語管理」分科会

日時:2017年12月9日 (土)
会場:上智大学
テーマ:「社内公用語としての英語をめぐって―外資系企業における言語管理プロセス」
報告者:薗田浩樹氏 (青山学院大学大学院修士課程)
指定討論者:上村圭介氏 (大東文化大学)

第3回「接触場面と言語管理」分科会・全体ワークショップ

日時:2018年3月3日 (土)
会場:(未定)
テーマ:接触場面研究と言語管理研究の新たな可能性をさぐる」(仮)
講演者:サウクエン・ファン氏 (神田外語大学)
※部会終了後、全体ワークショップを開催

5th International Language Management Symposium

http://languagemanagement.ff.cuni.cz/5th-symposium

5th International Language Management Symposium

Theme: Interests and Power in Language Management

2nd call for papers with deadline extension!

Dates: September 12–14, 2017 (Tue, Wed & Thu)
Venue: University of Regensburg, Germany
Building upon various approaches in Language Policy and Planning (LPP), particularly Language Management Theory (LMT), the Fifth Language Management Symposium welcomes papers highlighting interests and power in language management.

Rationale

Interests and power have been long acknowledged as important factors in various approaches in LPP. Despite this fact, it is not an exaggeration to claim that they have been devoted little focused attention compared to other factors such as motivation in or goals of LPP. Though the foundational paper of LMT published by B. H. Jernudd and J. V. Neustupný in 1987, entitled “Language planning: for whom?”, was devoted to the issue of interests, this topic has not been taken up and elaborated upon even in this LPP research tradition. The aim of this symposium, therefore, is to focus on the themes of interests and power and discuss their role and use in language management.

Call for individual papers

We invite proposals for papers which reflect any topic related to language management and particularly, the special focus of the symposium. Questions for discussion include (but are not limited to):

  • types of personal or group interests involved in language management;
  • divergent/conflicting interests in language management;
  • masking, revealing and legitimizing interests in language management;
  • power, powerlessness and empowerment in asserting various kinds of interests;
  • power and interests in various phases of linguistic, communication and socio-cultural management;
  • power and interests in management of speaking in particular interactions;
  • sources of power (cultural, social, political, economic or others) that shape language management;
  • power to propose, formulate, defend, participate in or implement a language policy;
    forming coalitions of actors in language management;
  • the use and management of power to change/maintain language or communication;
    ways of establishing or enforcing norms of language and communication

Abstract submission

Abstracts (300-500 words) should be e-mailed to: symposium.interests-power@ur.de by March 3, 2017 (extended deadline).
The abstracts will be evaluated by the scientific committee. Notification of acceptance: March 15, 2017

Registration fee

Free of charge

Invited speakers

Jeroen Darquennes (Université de Namur, Belgique)
Björn H. Jernudd (independent scholar, Washington, D.C.)
Goro Christoph Kimura (Sophia University, Tokyo)

Scientific committee

Nor Liza Ali (University Teknologi Malaysia, Kuala Lumpur)
Vít Dovalil (Charles University, Prague)
Lisa Fairbrother (Sophia University, Tokyo)
Sau Kuen Fan (Kanda University of International Studies, Tokyo)
István Lanstyák (Comenius University, Bratislava)
Hidehiro Muraoka (Chiba University)
Marek Nekula (University of Regensburg)
Jiří Nekvapil (Charles University, Prague)
Tamah Sherman (Czech Academy of Sciences, Prague)

Local organizing committee

Marek Nekula (chair)
Björn Hansen
Jiří Nekvapil
Paul Rössler
Kateřina Šichová
Marián Sloboda
Halina Zawiszová

About the Language Management Symposia

“Noting or noticing” being an essential condition for the start of language management, the first international symposium on language management was devoted to “probing of the concept of noting”, and held at Monash University (Clayton, Melbourne) in 2008. The second symposium addressing “norm diversity and language management in globalized settings” took place at Waseda University (Tokyo) in 2011. The third symposium held at Charles University (Prague) in 2013 focused on methodology used in the investigation of language management. In 2015, Sophia University (Tokyo) hosted the fourth symposium devoted to reconsidering ‘the process’ in language management. These symposia were closely connected with the conceptual tools of LMT in the vein of J. V. Neustupný and B. H. Jernudd. Though the announced fifth symposium on interests and power follows up on this research tradition, it is also intended to open new horizons and thus welcomes incentives from other approaches in LPP as well.

2016年度 言語管理研究会 分科会合同研究会

2016_%e8%a8%80%e8%aa%9e%e7%ae%a1%e7%90%86%e7%a0%94%e7%a9%b6%e4%bc%9a
※ 事務局メールアドレスを訂正しました。旧アドレス muraoka@shd.chiba-u.ac.jp に参加申し込みくださった方は、大変お手数ですが、新アドレス slm.gengokanri@gmail.com まで再度お申し込みくださいますようお願いいたします。(2016.11.23)

2016年度 言語管理研究会 分科会合同研究会

今年度から3分科会体制となった言語管理研究会ですが、今回は3部会合同で研究会を開催いたします。皆様お誘い合わせの上、ご参加をお待ちしております。

日時:2016年12月17日(土)11時〜
場所:青山学院大学青山キャンパス 総研ビル(大学14号館)10階 第18会議室
http://www.aoyama.ac.jp/outline/campus/aoyama.html
アクセス:http://www.aoyama.ac.jp/outline/campus/aoyama.html

    • 参加費:無料
    • 参加申込み:資料準備等の関係上、参加希望の方は出来るだけ以下の事務局まで申込みをして下さい。お問い合わせもこちらにお願いいたします。
      (事務局 slm.gengokanri@gmail.com
    • 参加申込み締切:2016年12月14日(水)
    • 当日受付もいたします。

10:30 開場(受付け開始)

11:00 開会挨拶

11:10-12:30 「接触場面と言語管理」分科会

テーマ:接触場面の「母語話者」と「母語」から考える接触場面の変容

趣旨:今回の「接触場面と言語管理」の分科会では、これまでの接触場面研究の問題意識と課題を振り返りながら、新たな試みとして「母語」を切り口に接触場面の変容を考察することを試みる。とくに、これまで十分にとりあげることのなかった「接触場面の母語話者」と「多言語使用者の母語」に注目し、その事例研究を通し考えることで接触場面の変容や言語管理の課題を再考する。

発表1「本分科会の趣旨説明と問題提起―接触場面研究の問題意識と言語管理からとらえる接触場面の変容」
・・・・・・・・・・・・・高 民定(千葉大学)

発表2「接触場面における日本語母語話者の言語管理理―「母語」を意識化する作業を通して」
・・・・・・・・・・・・・・・・栁田 直美(一橋大学)

発表3「多言語使用者の言語管理―「母語」を中心に」
・・・・・・・・・・・・・・福永 由佳(国立国語研究所)

12:30-13:45 休憩

13:45-15:05 「言語教育と言語管理」分科会

テーマ:「ジャパン・リテラシー再考―1990年代モナシュ大の日本語教育と現在の日本語教育の比較から―」

趣旨:J.V.ネウストプニーは社会文化能力・社会言語能力・言語能力の配分の違いから、日本語教育の三種類のフレームワーク、「ジャパン・リテラシー1」「ジャパン・リテラシー2」「ジャパン・リテラシー3」を提示した。このフレームワークを利用することで、この種類の学習者であればジャパン・リテラシーはこの程度であろうとか、どの能力が必要であるのか、といった大枠をシラバス作成者は事前に得ることができる。しかし、以前と比べ、社会、技術、文化などすべての状況が大きく変化している現在、もはや容易に学習者を定義することが難しくなってきていると思われる。
本部会発表では、まず1990年代のモナシュ大での日本語教育を振り返った上で、現在の留学生、外国人介護ヘルパー、訪日外国人旅行者の例を考察することで、それぞれの学習者とジャパン・リテラシーの関連性を探り、さらに新たなジャパン・リテラシーの可能性、そして、学習者に対する日本人側、教師側に必要とされるリテラシーについても議論を行っていきたい。

発表1「1990年代モナシュ大学日本語プログラムを振り返って」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・中山 由佳(早稲田大学)

発表2「ジャパン・リテラシーと国内の留学生に対する日本語教育の振り返り」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・竹内 明弘(国際大学)

発表3「東京都墨田区における『外国人介護ヘルパーのための日本語支援教室』実践から−誰がどのようなリテラシーを習得したのか−」
・・・・・・・・・・・中野 玲子(すみだ日本語教育支援の会)

発表4「4000万人時代の『訪日外客』のジャパン・リテラシー」と全体のまとめ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・加藤 好崇(東海大学)

15:05-15:20 休憩

15:20-16:40 「言語政策と言語管理」分科会

テーマ:「ミクロとマクロをつなぐために」

趣旨:言語管理の理論は、ミクロとマクロの次元をつなぐ包括的な枠組みを提供することが一つの眼目である。現在まで、談話や相互行為から言語政策まで、プロセスに焦点をあてて統合的に扱う理論的な枠組みは他に存在しないといっても過言ではないだろう。本分科会の発表では、そのような言語管理研究の可能性をさらに活かすために、調査の現場と理論の両面からの問題提起を行いたい。

発表1「異国フェスの言語管理―SNSからフェス場まで」
・・・・・・・・・・・・・・・・猿橋 順子(青山学院大学)

発表2「言語管理プロセス再考―「事後評価」の段階について」
・・・・・・・・・・・・木村 護郎クリストフ(上智大学)

MLホームページ:http://www.freeml.com/languagemanagement
言語管理研究会HP:https://lmtjapan.wordpress.com/

新刊のお知らせ

長らく出版が待たれていた、研究会メンバー3名の編集による研究論文集が刊行されましたので、お知らせいたします。

村岡英裕、サウクエン・ファン、高民定共編『接触場面の言語学:母語話者・非母語話者から多言語話者へ』日本語教育研究7 ココ出版 2016年9月30日発行 3880円(税込)

内容紹介(ココ出版の方に作っていただきました)
「J.V.ネウストプニーによって始められた接触場面研究は、社会言語学や日本語教育の分野において広範に進められてきた。本書では、その接触場面研究のアーカイブとして役立つよう、幅広い研究の成果を収録。接触場面研究の全体像を概観しつつ、今後の展望を示す。接触場面を研究する者にとって必読の書。」

http://cocopb.com/cocobooks/booksinfo/エントリー/2016/10/10_978-4-904595-84-8.html

 

文献リスト更新しました

ながらく滞っていた文献リストの更新作業が終わりましたので、お知らせいたします。言語管理研究および接触場面研究の文献について2009年から2015年まで、研究会のほうで把握できた論文のリストを掲載しましたので、ご利用下さい。また気がついたこと、欠けている論文などについて何かありましたらぜひご連絡下さい。